読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族のこころ

統合失調症の夫、母娘の闘い、子育て論。精神世界について得た学びや知識を共有したいです。

呪いを解く唯一の方法は愛し愛されることを学ぶこと

日差しを浴びて暮らしていた

だけど僕は今 暗闇にいる

 

愛しい君の 歌に震えていた

あの日々再び 戻るだろうか

 

過去の過ちをやり直せるなら

戻りたい 日差しの中

 

不思議な呪いをかけられて

悲しいけれど 心を込めて 歌うのよ

 

辛い毎日でも 希望と愛がある

素晴らしいことね でも不安なのよ

 

私の中で何かが 変わり始めている

強くなれたの でも自由じゃないわ

 

日差しの中に 戻ろう

希望は無くさない

その日まで

 

 

geo.itunes.apple.com

 

 

夫はまさに野獣に変身してしまった

呪いはいつか解けるだろうか

 

今の私に必要なことは、アスペルガーの本を読むことよりも

一本の愛の映画を観ることだったのかもしれない

 

 

 

 【電子書籍出版しました】

 


里帰り出産をしてはいけない

お金は愛である

不登校カウンセリング:2週間で解決した方法とは?の山根貴子さんの

メルマガに、「お金は愛だからね」と書いてあった。

 

ここ最近の自分の状況にドンピシャだったので、

は!そうだったのか!と腑に落ちた。

 

夫婦仲が悪くなると旦那さんは家にお金を入れなくなる、と言うのは

よく聞く話だけれど、それは旦那さんの中にある奥さんをはじめとする

家族への愛情タンクがすっからかんになるから、出せなくなるんだね。

 

自分に愛をくれない人に、お金という愛を渡してたまるか!

という気持ちになる。

これは男も女もそうだ。

 

離婚裁判では財産分与などのお金の話がメイン。

 

愛を失った人同士がお金を奪い合うことは、

自分の心を深く傷つける。

 

みんな本当は

金よこせ〜じゃなくて、愛をくれ〜って叫んでるんだよね。

 

そりゃあ傷つくわ。

 

夫は別居して離婚の話などするようになってから

もともと私の口座に入っていたお金まで、自分の口座に

移させた。

 

夫婦共同名義で海外に作っていた貯金も、一人で解約しに行って

1円も私にはくれていない。

 

例えあげたくてもギャンブルの負け金の支払いがとんでも無いことになっている

から何も残らないけど。

 

夫婦の愛がギクシャクし始めたら、途端にお金が消えちゃった。

 

お金って、人が喜んだり感謝したりして払うものなんだよね。

 

だから人を喜ばせたり助けたりしている人のところには

どんどんお金という形で愛が入ってくる。

 

ギャンブルなんて、誰も喜ばないし感謝しないから

そんなもの収入になるわけないんだよ。

 

ギャンブルのお金って、自分さえ儲かれば!と強欲になっていたり、

自分を見失って賭け事している人同士で奪い合っているお金であり、

誰も幸せになっていない。

 

やっている本人は勝った瞬間は喜んでいるかもしれないけど

そばにいる家族は勝っても負けても、誰も喜んでいない。

 

ただ、一刻も早くやめてほしいな、と思っているだけ。

 

パチンコでもスポーツへの賭け事でも、トータルでは

損するようになっている。

 

宇宙の法則から言って当然のことだ。

 

夫は、愛情タンクが空っぽになったから

実際のお金も空っぽにしてやろう、という気持ちになったの

かもしれない。

 

だけど厳しい言い方をすれば、

アスペルガー専門のカウンセラーで下記の本の著者が

書いていたけど、

 

 


アスペルガーのパートナーと暮らすあなたへ:親密な関係を保ちながら生きていくためのガイドブック

 

発達障害や精神病はギャンブルをやめなかったり、

家族に暴言暴力をしたり、家族の生活を危機に陥らせる理由には
ならない。

 

パートナーが発達障害精神障害があるからといって

どんなひどいことでも耐えなければならないことはない。

 

 

ただそばにいて耐えることが愛だと勘違いして

共倒れになる必要などない。

 

相手の精神が不安定になっているのは自分にも原因があるかもと

暴力に耐えたり、借金を肩代わりする必要などないのだ。

 

ご自身がアスペルガーで両親が精神障害者だったという

人気手相占い師の方は、キレる相手からはとりあえず逃げることが

大事だとおっしゃった。

 

キレてモノや人に暴力したりする時点で医学的に診断されていようと
なかろうと、その人は立派な病気です。

 

精神が健康な人って、キレないんですよ。

 

腹が立つことがあっても、大声で怒鳴ったり手を出したり

モノを蹴ったりってしないんですよ。

もっと静かに怒るんですよ。

 

 

精神を病んでしまっている人は、「話せばわかる」は

通用しないから、自分の身を守るためには「逃げる」「物理的に距離を置く」

それしかないのだと。

 

物理的に距離を置いて、自分の身の安全は確保した上で

心配や怒りではなく、愛のエネルギーを送ること。

 

私は自暴自棄になって暴れてギャンブルにハマってしまった夫から

自分と娘を守るために物理的に距離をとった。

 

離れた場所から、今までは怒りや心配のエネルギーを送ってしまっていた。

 

でも、彼はかつて私にたくさんのお金や幸せな時間をくれた人。

生涯を共にしようと誓った人。

本当は悪い人じゃないことは、知っている。

 

腹の立つことも多いけれど、

離れたところからせめて愛のエネルギーを送ろうと思った。

 

彼が癒されますように。

目が覚めますように。

 

今自分が出すエネルギーによって、未来も変わる。

 

今できることは、できるだけ「今」をいい気分で過ごすことだけ。

 

 

 

【お知らせ】電子書籍出版しました。

 


里帰り出産をしてはいけない

 

 

 

 

 

 

 

激しい結婚生活を無意識で望んで頑張りすぎてた自分に気づいてアホらしくなった日

NHKの「すくすく子育て」という番組で

ママのワンオペ育児問題をやっていた。

 

ママが一人で長時間家事育児の無償労働をこなさなければ
ならなくなっている原因の一番は、パパの仕事が忙しくて
家にいない、ということ。

 

パパが仕事で忙しくて頼れない。

 

え〜羨ましい!!

パパ、仕事してお金稼いでくれてるんだあ。

文句言わずそんなに長時間仕事に行っててくれるんだあ。

 

当然のように仕事してお金を家に入れてくれる。

 

それすらもない私からすれば、それだけで十分なように思える。

 

2番目の原因は

パパが育児に非協力的。

 

休みの日は自分も平日の仕事で疲れているからリフレッシュが必要と

一人で遊びに行ったり、ゲームやってたりする。

 

ママが洗濯物たたんでいる間に子供をみている、ということすらしない。

ママが離乳食の準備をしている間に待ちきれない子供が泣いてても

言わないとあやしてくれない。

 

言わないと何もしてくれない。

 

例として出演していたご夫婦は、

ママと子供が同時に39度の熱を出した日の夜、

それをママから聞いていたにも関わらず、あえて翌日昼まで

帰ってこなかった。

 

それで奥さんは「もう離婚する!」と言った。

パパは焦って土曜日丸一日一人で育児をやってみると申し出た。

 

そして、これが毎日か。。。と奥さんの大変さに初めて気がついて

それから毎週土曜日はパパが丸一日育児を担当して、ママに

一人時間をプレゼントしている。

 

ええ〜!なんて素晴らしい旦那様!

平日毎日お仕事しているのに土曜日丸一日ママに一人時間を

プレゼントしているなんて!

一度離婚と言われてそこまで改心するなんて!

 

うちは、離婚だと言ったら

モノ壊して捨てられて、全部お前のせいだと脅されたりしたけど・・・

 

3番目は、

近所に頼れる人がいないこと。

 

やっぱり何かの時に頼れる人が近くにいないと

不安。

 

ママ共通の意見。

 

ご近所にママ友、育児支援サポートなどの行政サービス。

 

出演されていたママは、一人目が乳児の時は夫の仕事で

転勤族だったから知り合いのいない土地にいて不安だったが

二人目が生まれてから家を購入して、近所付き合いができるようになり

心にゆとりが生まれたと言っていた。

 

そうだよね!

 

私なんて子供が生後4ヶ月の時に知らない土地に移住して

しかも言葉があまり通じない外国で。

 

そんな中で夫が鬱みたいになって毎日死にたいとか言うようになって

限界だ!と実家に逃げ帰ったのも、無理はないよね。

 

そんな中で無理して一人で頑張ってたら、家族3人で沈没してた。

 

それでも半年頑張ったんだよ。

 

その間夫が仕事して稼いでいた訳でもないよ。

家でネットで仕事しようとしてたけど、なかなか収入にならず、
躁鬱になっちゃったの。

 

毎日家に居たんだよ。

 

実家は飛行機乗り継がないと帰れない場所で。

 

夜中に夫が家の中の物を投げたり蹴ったりして暴れているのを

心臓ばくばくさせながら娘を抱いてた。

 

住み慣れた日本で、旦那さんは毎日仕事してお金稼いでて

休みの日にちょっと休みたいからと育児に気が回らないけど

別にキレて暴れる訳じゃなく、

 

それでもワンオペ育児しんどいよ〜!

と悲鳴をあげて具合悪くなったりしちゃってるママたち。

 

パパに、もっと協力してよ、分かってよ!と泣いて訴えているママたち。

 

これが、普通なんだ・・・・

 

わたし、がんばりすぎてるじゃん・・・

 

何やってんの?

何自分責めてるの?

 

わたしは、ただ外国で産むのが不安だったから

里帰り出産しただけ。

 

子供が生まれたんだから、旦那さんに

仕事してお金稼いで欲しいなって言っただけ。

 

見知らぬ土地で、誰も頼る人も居ない中で

一生懸命初めての乳児育児をやってただけ。

 

それだけなのに、

夫の精神がおかしくなっちゃった。

死にたいって言うようになっちゃった。

キレて暴れるようになっちゃった。

 

稼げと言われたのがプレッシャーだったからと

ギャンブルにハマって一千万使っちゃった。

それの支払いをうちの親に何とかしろって言われたりした。

 

それでもわたしは自分が悪かったのかも、と

いろんなカウンセリング受けて改善できるところは

改善しよう、と努力したり

 

お金もわたしが稼がなくちゃいけないんだ!と

子供を母にみてもらってネットで仕事したり。

 

さらに夫を褒めて感謝して自信つけてあげて

夫に合いそうな仕事も探してあげて

何なら自分が稼げるようになったらわたしが

夫を養うでも別にいいかとか考えたりまでして

 

夫のギャンブルの支払いについて夫の両親に

相談までして

 

1歳の子供抱えて、わたし何をこんなに自分を追い詰めてるんだ・・・・

 

どこまで波乱万丈な人生求めてるんだ・・・

 

何わざわざろくでなし旦那に振り回される結婚生活に憧れてるんだよ・・・・

 

わたしの潜在意識、アホちゃう?

 

いらんいらん。

 

こんなんいらん!

 

死ぬか殺すかなんて、

いちごとチョコレートのかかったいちごとどっちがいい?

みたいなもんだって。

 

アホらしい〜。

 

今はな〜んもしなくていい。

楽しいこと好きなこと気持ちいいことだけやって

支払いどうしようかとか、旦那のところに戻ったほうがいいのかとか

先のこともな〜んも考えなくていい。

 

「どうせ金運いいんだし。」

「どうせ起業して大富豪になるって占いで言われたも〜ん」

「十分幸せだし。」

「子供可愛いし元気だしわたしも健康だし。」

 

親も元気でまだ働いてて私と子供一人くらい食べさせてくれてる。

 

な〜んも考え込まなくていいんだよ〜。

思考が悪いのがよくないんだから、思考だけ先に

明るくするの〜。

 

山根先生のカウンセリングで言われたことと

心屋さんの言い方と

引き寄せの法則と合わせてみると、こういうことになった。

 

普通の人たちのお悩みを聞いて

何それ〜軽い〜楽勝〜いいなあ〜なんて思ってしまった自分

 

アホらしすぎる。

 

本当はそれでいいのに。

 

平和に穏やかに淡々と、でいいのに。

 

激しい家庭生活は韓国ドラマだけで十分だわ。

 

本当に、もう降りよう。

この人生劇場。

 

トーリー書き換えるぞ!

明るい世界へ出る!

 

 

 

電子書籍出版しました。

明るい話じゃないですがお悩み中の方、
産後私のように悩みたくない方は一読をオススメします。 

 


里帰り出産をしてはいけない