読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族のこころ

統合失調症の夫、母娘の闘い、子育て論。精神世界について得た学びや知識を共有したいです。

別居、離婚よりも夫婦喧嘩している方がずっとストレスが少ないという事実

夫と行った精神科の待合室の壁に貼ってあった、

「人生におけるショック・ストレス度ランキング」

 

1位 配偶者の死亡

2位 離婚

3位 夫婦別居

4位 投獄

5位 近親者の死亡

6位 重傷、病気になる

7位 結婚

8位 リストラ

9位 夫婦間の調停

10位 定年退職

 

・・・・・続く

 

どうだろう?

 

夫婦のことが上位3つを占めていて、

投獄されるよりもショック度が高いことに私は驚いた。

 

1位の配偶者の死亡のストレス度を100として

離婚は73、別居は65

 

それに対して夫婦喧嘩はストレス度35

 

ということは、

日々の夫婦喧嘩に疲れて楽になりたくて

別居、離婚すると

楽になるどころか却ってしんどくなるという統計・・・・

 

これは経験しないと分からない。

 

最近の私は、夫から逃げたい、離れたい、という気持ちと

一緒にやっていきたい、という気持ちが日替わりで出てくるような

混乱状態で、

 

この統計をみて

別居、離婚、という選択は一時の衝動でしていいものではなく、

本当に冷静に、慎重に、あらゆる方法を試みてもどうしても

改善しない場合、の選択にしないといけないのだなあ、と思った。

 

まして子供がいればなおさら。

 

配偶者が精神疾患、それも統合失調症という非常に難解で

完治の難しい病気である場合は、普通の夫婦の話とはまた違うでしょ、

と思う人も多いと思うけれど、

 

上のランキングで、

「家族の健康状態が悪い」ことに対するストレス度は44、11位だ。

 

夫の不愉快な言動、暴力的な行動に私がストレスマックスな時

正直死んでほしい、と思うこともある。

別居離婚を許さず、私から離れてくれないのなら、死んでくれればいいのにって。

とにかく目の前から消えてさえくれれば、私も娘も幸せになれるって

夫が大声で怒鳴っている最中には、思ってしまう。

 

でも、このランキングをみたら

配偶者が死ぬということが、人生最大のショック、ストレスらしいから

もし夫が死んだら、楽になる、幸せになるどころか

今想像もできない苦しみが私を襲うということなんだ。

 

義母はいつも言う。

 

喧嘩の相手がいるだけマシなんだよ。

 

義母は私なんかよりもずっと壮絶な結婚生活を送っているが

ふんばってふんばって、離婚しなかった。

 

家族で商売をやっている家に後妻として嫁ぎ、

家族全員にいじめられたと言っている。

前妻の娘とは折り合いが悪く、包丁を向け合うような

喧嘩をしたこともある。

 

投資に失敗して1晩で1億円失い、

義父は浮気は男の甲斐性と思っているような人なので

飲み屋の女性を家に連れてきて一緒に寝ていたのを目撃したこともある。

 

酒癖の悪かった義父から暴力を受けることも度々あり、

頭を椅子で殴られて縫った。

商売をやっていたためか

強盗にピストルを突き付けられたこともあれば

ヤクザが家に来たこともある。

 

70近くなった今でも義父とは喧嘩が絶えない。

 

それでも、離婚しなかったことに後悔はないらしい。

 

甥っ子は2人若くして事故で亡くなり、身内の自殺も

経験している義母は言う。

 

「生きてさえいれば、解決できない問題はない。」

 

ほんとに、そうなんだろう。

 

死ぬこと以外は、取返しがつくから。

 

 

精神科からの帰りのタクシーで、娘を胸に抱きながら

車窓の景色を眺めていた。

 

 

夫と出会う前、元彼と別れて1人だった頃

車窓の景色は、白黒に見えた。

淋しくて、不安で、

誰にも必要とされていない。

誰からも愛されていないという虚しさは、私の世界から色彩を消した。

 

 

今、人生で一番くらいストレスが高いと自分では思っていて

産後鬱の傾向のある精神状態でも

車窓の景色は、薄くグレーのもやがかかっている程度だった。

 

あれ?

白黒じゃないなあ。

ちゃんと色が見える。

 

もしかしたら、独身の時よりも、絶望していないのかも。

 

私の胸でスヤスヤ眠っている小さな娘がいる。

隣には、スマホをみている夫がいる。

人生経験を聞かせてくれる家族がいる。

 

今回、夫婦喧嘩の仲裁に義母に入ってもらったことで

義母とは本当の家族になれたような気がする。

お互い気を遣うことがなくなった(笑)

本音も全部、さらけ出した。

 

 喧嘩する相手がいるだけ、マシなんだよ。

 

 

この言葉がなんだか、腑に落ちた日だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

困難に直面しているときは占いよりタロットやオラクルカードがいいよ

人と人との出会いはご縁のものです。

すべては偶然ではなく、天の計らいです。

 

偶然のように出会った人が、そのとき自分に最も必要なメッセージを

伝えてくれたりする。

 

おととい、夫が、自分が行った美容院に併設されているスパを紹介してくれて、

マッサージを受けに行った。

 

そこのセラピストはタロットとオラクルカードもやっている人で
カードリーディングとスパを組み合わせているのがユニークだなと

興味を持った。

 

その日は予約なしで突然行ったためにカードを持ち合わせていないと

いうことでできなかったけど、その日はマッサージだけ受けて

セラピストに非常に好感を持った。

 

偶然にも私と同じ年で、2人目の子どもを産んでまだ2か月のママ

 

興味関心も似ているしこの人なら、と思って

次の日にカードリーディングだけお願いした。

 

実は私もオラクルカードリーディングにはまっている時があり、

カードリーダーの資格まで取った。

 

オラクルカードというのは

天使や妖精と対話するために使うカード

 

 


大天使オラクルカード日本語版説明書付(新装版) ([バラエティ])

 (参考:今回使ったのはこのカードではありません。例です。)

 

私が好きなのは、このドリーンバーチューさんのカード。

 

出産前はほぼ毎日リーディングしていたのに産後その余裕すら

失っていた。

 

このタイミングでオラクルカードリーダーの方と偶然出逢い

導かれた。

 

彼女のリーディングではメインはタロット。

タロットは、オラクルに比べ直接的で、厳しいメッセージもある。

その分問題の答えをより的確に得られる。

 


タロットカード☆スミス・ウェイト・センテニアル・タロット☆The Smith-Waite Centennial Tarot Deck

(参考:使ったのはこのカードではありません。例です。)

 

 

聞きたかったことは2つ。

最近夫婦で始めたビジネスの発展と、夫婦仲良くやっていくために

私が心がけること、今やるべきことは何か?

 

2回に分けてカードを5枚ずつひいて

簡単にまとめると

 

まずビジネス面

 

・あなたは今混乱している。心と体の調整が必要。

・あなたが混乱しているために問題でないことを問題だと思っている、

 自分で障害を作っている。実際にはこのビジネスに何の障害も問題もない。

・ビジネスは成功する。旦那さんは全力で前に進む行動力の人、

 今はしんどくても進む時。奥さんの全力の支持を欲している。

・夫婦喧嘩の要因は、旦那さんが進みたい、動きたい。あなたが止まりたい、休みたい。と思っているところで衝突している。

・なかなか収入に結びつかない点に関しては、大きな収入(巨大な金貨の絵)が宙に浮いていて、地面で人間がジタバタしている絵。混乱、焦りで見えなくなっているだけで

このビジネスは落ち着いて続ければ必ず大きな利がある。

・なんでもやり始めは大変なもの。新しく始めたことが安定した成果が出るまでに

かかる時間は、どれだけ集中して力を注ぎ込むかによって変わる。

私たちの場合は3年半みるのがいい。3年後にはより豊かで安定した暮らしが待っているので、信頼すること。

 

夫婦仲に関しては

 

・夫を信頼する。支持する。

・旦那さんが協力や話し相手、夜の相手を求めて来たときは、拒絶してはいけない。

・妻は家で厳しい人であってはならない。どんなときも優しく。夫を労わる気持ちを忘れない。

・夫のことは最優先にする。子どもよりも。

 夫を二の次にして厳しく小言不平不満ばかり言っていると夫は外に優しい女性を求める。

・時間は調整できる。混乱しているから時間がない!と思っているだけ。一度時間割を作ってやることを整理してみるといい。

・一人の時間も必要だけれど、夫に呼ばれたら断らず行くこと。呼ばれるのは幸せなこと。

・自分を労わる時間も必ず作る。10分でもいい。

アロマオイルはオススメ。

 

そんなところ。

 

最近の混乱で、私はじっくり話を聞いてくれる、的確なアドバイスをくれる

やさしく話してくれる第3者を心から欲していた。

 

強く望めば、与えられる。

 

なんだかすごく救われた。

 

リーディングをしてくれたセラピストの彼女も

今はこんな素敵な癒しのお仕事をして家族仲良く幸せに

暮しているみたいだけれど

8年前に離婚歴があり、上の子は前夫の子だということ。

 

今の私の状況は第一子を産んだ直後のその頃の自分と

似ている、その頃の自分は夫に対してすごく厳しくて

鬼嫁だった。子どものことでいっぱいいっぱいで夫を

思いやることができなかった。

だから夫は外に女を作って、結果離婚することになった。

浮気相手の女性はとても美人とは言えない人で、ショックだった

けど、彼は優しさを求めていたということが、今はよくわかるんだと。

 

だからね、赤ちゃんの世話はもちろん大変だけど

旦那さんに「お疲れ様、今日も1日ありがとう」という言葉や

温かいお茶を入れてあげる心配りは、絶対に必要よ。

 

夫たちは、父親たちは、外で厳しい世界で、闘っている。

家庭も厳しい世界だったり、自分の居場所がなかったりしたら

一体何のために闘っているのか、分からなくなるよね。

 

子どもが生まれてからの夫婦中の悪化、暴力的な行為にも及ぶ大喧嘩は

夫の精神疾患のせいというより、

私が混乱していて、優先順位を間違えていたせいだったんだろう。

 

 

新・良妻賢母のすすめ―愛としあわせを約束する26章の教えと

今回天使から伝えられたメッセージは、完全に一致していて

繰り返し伝えられるメッセージは真実であり、今の自分に最も

必要なことなのだから

分かったならば、実践するだけ。

 

実践せずにしんどい状況にわざわざ留まっている自分に

いい加減さよならしよう。

 

 

 

 

 

再発騒ぎと産後鬱

大声で罵倒しあったりモノを投げたり破壊したりの激しい夫婦喧嘩が続き、
私はパニックになって喧嘩の最中に夫の両親に電話した。

 

自分の親に電話すると夫がさらにキレるので、夫の親に電話した。

 

電話に出た義父に

「もう離婚したいんです。(息子)さんとどうやって一緒に生きていったら

いいか分からない・・・・」

私は泣きながら訴え、最近の様子を全部話した。

 

1年前から薬をやめていること

昼間から眠剤を飲んでいること

ギャンブルのようなものに手を出してこの1か月で200万使い、

私のカードも全部使われて限度額を超え使えなくなっていること

 

外出時に時々周囲の人間が自分のことを指さして話している、

それは事実だけれど指さして笑われたら腹が立つから

殺してやろうかと思う、といった内容のことを家に帰って

私に1時間くらい話してくるのでしんどいんだ、ということ

 

義父は、

「ああ、それは前(発症した時)と同じなんだよ。病院行かなきゃ

しょうがねえな。それでリリさんはもう実家帰ったほうがいいよ」と

言った。

 

だから、私が実家に帰るというと彼は一番キレてモノを破壊するのだと

訴えた。

 

それでベビーカーも壊された。

これで逃げられないだろうって。

 

義父は、暴れたらとにかく逃げて。警察呼ぶことも必要だ。と言った。

 

発症時は、それくらいの騒ぎだったんだ・・・・

 

でも私は、発症当時と今の彼の暴れる原因は、違うような気がしていた。

 

彼が訴えてくる内容は同じだとしても、彼自身の受け止め方は

当時とはずいぶん違っているはずだった。

 

それに今回暴れている原因は、周囲の声だけではなく、

妻である私の情緒、態度が大きく関係している。

 

電話を義母に代わって、義母はそっちに行くから、落ち着いて、と

言ってくれた。

 

2日後、義母は飛行機に乗って、私たちのところに来てくれた。

 

義母と、夫と一番仲のいい従兄が来てくれて

私の話を聞いてくれた。

 

義母は自分の若いときの経験や周囲の夫婦の話もして

 

聞き流すことも必要であること

世の中には悪い旦那はたくさんいる、息子はいい方だ

義父に椅子で頭を殴られて縫ったことがあり、年を取った今も

木刀や包丁を取り出すような夫婦喧嘩をしている義母からみれば

モノを壊すくらい大丈夫、また買えばいいんだから

 

お金もね、人生ずっとある、ずっとない、もないよ。

ある時ない時 繰り返すもの

ない時はおにぎり一つ食べてしのげばいいんだから

そんなに心配しなくても大丈夫

 

などなど言われて、かなり気が楽になったのだった。

 

義母は3晩家に泊まり

最初の2日は夫は母親というはけ口がいたので

私の負担は減り、楽しく仲良くやっていた。

 

ところが3日目にみんなで昼間デパートに買い物に行って

どうも夫は人の多いその場所でいらない声をたくさん

拾ってしまったようで

途中から1人たばこばかり吸って中に入らず

家に帰ったら急に怒鳴り始めた。

 

最初は聞き流そうとしていた私も、やはりまだ情緒不安定なので

10分ほどしたら言い返してしまった。

そこから火が付き、大声の言い合いになり

夫はうろうろしながら凶暴な目つきで大声で何やらしゃべり続け

それをみて元々気性の激しい義母も頭に血が上り

 

「おまえは誰だ?!こんな気違いは私の子じゃない!」

と言って息子の頬をひっぱたいた。

 

そして

「さっきまで楽しく外出してたのに

この家に入ったとたん二人ともこんな風になるなんて

この家には邪悪な霊がいる!」

 

と言って私達2人に塩をまいた。。。

 

そして

「あんたたち二人とも精神がおかしいから

明日病院へ連れて行く」と言い

 

その夕方その医者や義母の親戚がいる地域へ

私達も移動した。

 

私達はホテルに泊まった。

 

不思議と落ち着いていた。

 

やっぱりあの家がよくないのかなあ?

と私も思ったりしていた。

 

次の日は精神科の先生がお休みだったので

ゆっくり過ごして

その翌日、精神科へ行った。

 

発症当時に夫を診たその医者は

人当たりのいい優しい先生で、家族はみんなその先生を

気にいっていた。

 

夫も、その先生に挨拶しに行くのは別にいいよ、と言った。

会っても意味はないと思うけど、と言うので

家族の安心のために一度行ってくれと頼んだ。

 

そして私達夫婦と義母も一緒に診察室に入って

事情を説明。

 

夫は

「断薬に成功したんです!今は何の問題もありません!」

と言ったけれど

もちろん医者は私達家族の顔をみる。

 

私は

精神病の薬をやめた代わりに昼間から睡眠薬を飲んでいること、

断薬は独断でやったことで医師の診断はここ何年も受けていないこと、

やはり外出時に時々周囲の人間が自分のことを指さして笑ったり

話していると訴えてくること、

断薬してから攻撃的になったこと

などを話した。

 

医師は

昼に睡眠薬を飲むと頭が混乱しやすいから

やはりやめた方がいい。

まだそういう声が聞こえるなら薬を飲んだ方がいいから

リスパダールを1.5からまた始めてみましょう。と言い、

 

夫は表面的に

「はい」とうなずき

 

義母は医者に

「嫁は問題ないですか?」と聞いた・・・

 

先生は

「彼女は問題ないと思いますけど?もし旦那さんと離れているときも

情緒不安定というなら・・・」

と言ったので

 

私は「娘と2人の時や実家に帰ったときはすごく落ち着いています。

夫のこういう話を聞くと感情が爆発してしまうんです。」

と言った。

 

医師は「産後は不安定になっているから影響を受けやすいんですよ。

ご主人が落ち着けば大丈夫でしょう。」と義母に言った。

 

やはり母親だ。

我が子よりも嫁に問題があるのでは?と思うところ。

 

私の母も孫を守ってね、しか言わないし。

 

その病院の待合室に

妊産婦の鬱についての紹介が長々と貼ってあった。

 

軽度の産後鬱

・・・出産後2~4日で症状が現れる。

出産した母親の80%に何かしらの情緒不安定、落ち込みなどの

症状がみられる。

ホルモンの急激な変化によるもので、

一般的に2週間以上継続することはない。

 

重度の産後鬱

・・・出産後2週間以降に現れる。

情緒不安、怒りっぽい、落ち込み、無気力、自殺願望などが

みられ、実際に自殺や赤ん坊との心中に至るケースもあるため

注意が必要。

治療には抗うつ剤の他に何よりも負担を減らすことが重要である。

 

 

 

私、産後鬱かなあ?

 

当てはまっているような気もするけれど

私の場合は夫の特殊な言動というのもあるので

産後の私がパニックになるのも仕方がない節もあり

 

原因を探すことより、目の前のことを解決して前に進むことが大切。

 

義母や従兄は、

私に服薬の管理をするようにと言い

夫には奥さんの言うこと聞きなさいよ、あの先生はあんたを救って

くれた先生なんだからちゃんと薬飲みなさいね、と言った。

 

まあ、断薬後、とても苦しい思いをしてきた夫が

簡単に服薬を再開するはずもない。

 

その夜

夫はまた幻聴じゃなく現実なんだという話をしてきたので

そんなにしんどいなら、薬で遮断できるんなら

薬飲んだ方がいいんじゃないの?と言った。

 

だけど彼は、今の苦しみも過程であって

能力者の先生にみてもらったらもう薬害は3,40%抜けた、

ここを乗り越えるんだというようなことを言っていた。

 

最近の苦しみは断薬したせいだと思っている家族

薬害のせいだと思っている本人

 

分かり合うのは本当に難しい。

 

私は今もまだ薬がいいかどうかについても

夫の言うことが真実なのか病気なのかということについても

答えは出せない。

 

ただ私にできることは

夫を必要以上に刺激しないように

自分の情緒をコントロールすること、

夫にもっと優しく接すること、

娘を愛情をかけて育てること

 

悲観しないで

生きてさえいれば

どんなことも解決できる、乗り越えれる

 

そう信じて

自分と夫を信じて

この家庭を愛するだけなのだ・・・