家族のこころ

統合失調症の夫、母娘の闘い、子育て論。精神世界について得た学びや知識を共有したいです。

アスペルガーの仕事

アスペルガーのような発達障害は、先天性であり、

最近の研究で分かってきたことは、

胎児の前頭葉が作られる妊娠2,3ヶ月頃の母体の重金属や環境ホルモンによる

汚染が原因ではないか、ということだそうだ。

 

先天性なのだから幼児のときからその特徴は表に出る。

私の夫の場合は、ご両親の話によると、

”ほかの子と仲良く遊ぶことができない”子どもだったそうだ。

 

滑り台を独り占めにする。

おもちゃを貸してあげない。

スーパーで陳列棚の品物を全部放り出してしまう。

鍋のお店で屏風か何かを倒して隣の客のテーブルをめちゃくちゃにしたことも

あったそう。

 

だから一人遊びが多かったし、

お店はいくつも出禁になった。

 

そして10代20代、警察沙汰の事件事故を何度も起こしている。

兄弟の中で、親が警察署に行くようなことをやらかしたのは夫だけだそうだ。

 

両親も誰も、手が付けられない子ども。

これは明らかに普通の子じゃない。

 

今ならすぐに発達障害を疑うところだけれど、

30年ほど前の当時は発達障害だとかいう認識は、誰にもなかった。

 

統合失調症患者の多くが、発達障害の傾向があるそうだ。

 

統合失調症などの精神疾患は、発達障害の2次障害として起きる場合も多い。

 

発達障害があるのに”普通であること”を強要されて育った子どもは自分らしさを

抑え込み、自己否定観を造り上げながら生きていく。

 

その結果としての、精神病発病。

 

発達障害の中でも知的障害のないアスペルガーは、

子どもの段階で誰かが気づいて適切な対応をしていれば、

合う教育をしていれば、ちゃんと社会に出て人の役に立つ人間になれる。

 

記憶力の良さや集中力の高さなど、得意なところを伸ばし、

コミュニケーション能力などの苦手分野を訓練しておけばちゃんと社会に出られる。

社会に出て仕事ができたり、結婚できたりすれば精神病を発病する可能性も低くなる。

 

発達障害を、放置されたがゆえの、精神病。

 

でも誰のことも、責めることはできない。

 

知的障害のないアスペルガーは、きちんと社会に出て仕事をしている人も多い。

 

「指示通り率直に作業をこなす」

「数字や図式など目に見えるものに強い」

 

この特性を持っている人が多いので、指示されたことだけやればいい

仕事や工場などの単純作業、金融や測量なども向いているそうだ。

 

頭がいい人が多く、好きなことには抜群の集中力をみせるため

学者や研究者、教師にもアスペルガーは多いそう。

 

IQの高さを活かして非凡なアイデアを出し、起業家として成功する

場合もある。ビルゲイツやスティーブジョブズアスペルガーと言われている。

 

または芸術的才能が高い場合も多いので、彫刻家画家、建築家など。

 

苦手なのは臨機応変な対応。

コミュニケーション能力が必要な仕事、気を利かせなければならない仕事。

営業、接客、秘書など。

 

36歳で子どもが生まれてから初めて仕事というものと向き合うことになった

夫には、何が向いているのかと考える。

 

夫の場合は、2次障害として統合失調症を発症し、10年間服薬して

仕事もしていなかった。

 

社会性や仕事のやり方を覚える機会を持てないまま

20代を終え、今急に仕事しないといけない状態になり、

夫はパニックになっているようにも見える。

 

彼は10代の頃、コンビニでバイトしたら1日でやめてしまったそうだ。

コンビニ店員は多種多様な業務を同時にこなさなければならない接客業だから

まるで向いていない。

 

漫画家のアシスタントをした時は、1年か2年か忘れたけど

契約終了までできたそうだ。

芸術的なことには興味がある。雑用も、飲み物買ってきて、などの

シンプルで明確な指示ならこなせる。

 

配達の仕事をしていて、車で事故を起こした。

荷物を運ぶ、という単純作業は向いていると思うが

車の運転は同時に複数に注意を払わなければならないため、

向いていないと言える。

 

親のコネで大手商社の内定をもらったが、辞退した。

商社マンはコミュニケーション能力が問われるし、接待などの

営業色が強いから、しんどかっただろう。

やめてよかった。

 

彼は大学生の頃、語学系の学者を目指していたことがある。

勉強がよくできるから、教授から期待されていたそうだ。

でも、その頃統合失調症を発症してしまったので、やめてしまった。

母親も、教授の道があったのにもったいない、と言っていた。

 

病気になってからも、何度も彼は学校へ行こうとした。

学者への思いはなかなか断ち切れなかったようだけれど

精神の不調、対人恐怖のために、学校へ通うということが困難だった。

学問に対する熱意はあるのに、毎日学校に通う、という行動が

どうしてもできなかった。

 

オンラインで自宅で習っていたものは、続いていた。

 

学者になりたいけど学校へ行けない。

職人に対する憧れもあるから染物職人とか豆腐屋やろうか、とか

思い付きで言ったりしていた。

 

結婚後、友人の誘いで貿易のビジネスを始めた。

接待が、ものすごく苦痛だった。

だから買付担当を志願した。

でも、そのビジネスは何の利益も生まないまま、頓挫した。

 

どんな仕事がむいているのか、できるのか、見つけられないまま

子どもができた。

 

焦った夫は、職場に通えない自分ができる仕事として

ネットビジネスを選んだ。

 

病気の症状が重かった時は、パソコンはまさにハッキングの対象だからと

パソコンを開けることすらできなかった人が、カメラレンズにガムテープを

貼っている人が、ハッカーから逃げたい隠れたいと思っている人が、

ネット上に自分を出す仕事を選んだ。

 

それから、夫は別人格になった。

 

ネットのことをやり始めてから、夫はイライラし、キレやすくなり、

おしゃべりになり、対人関係において積極的すぎる、躁状態になった。

 

以前の穏やかな、素直で謙虚な夫は、死んでしまった。

 

赤ちゃんを抱く私の前にいるのは

目を見開いてタブレットをみてはブツブツ独り言を言う

ガリガリに痩せた知らない男だった。

 

語学能力に長けていて本人も好きで、

勉強がよくできる夫は、教師や学者は向いているのだと思う。

 

ただ、ネットで集客やホームページを作るなどといったことは

パソコンが苦手で好きでもないから、苦痛なんだと思う。

 

私が想像できることは

寺子屋のようなイメージで、夫は講堂のような場所にいる。

そこに教えを請う人々が集まって来る。

私は受付をしている。

夫は自分の知識や智慧を人々に伝えるだけ。

集客宣伝受付会計などは、私や他の人がやる。

 

そのようなスタイルなら、彼も私もさほどストレスがないのではないかと

思う。

 

そういったことを、夫に提案してみる。

 

しかし今の夫婦仲では、別居状態の今は、

夫は私のどんな言葉も聞く耳をもたない。

 

私が二人が幸せにやっていく方法を必死に考えて

提案しても、彼からの反応はない。

 

私には夫と一緒に笑顔で夫婦ビジネスをするアイデア

浮かんできているが、夫婦仲の改善が先だ。

 

夫は、高い能力があるのに精神的未熟さが邪魔をして

形にできないでいる。

 

学生の頃から、何度も何度も

「おしいなあ」「もったいないなあ」

と言われてきた。

  

「惜しい人」で人生を終えてほしくない。

 

彼の特性を、なんとか社会に役立つ方面で発揮してもらいたい。

 

どんな人だって、人よりちょっとできることが一つ二つはある。

得意なことを活かして世の中の役に立ち、人に感謝される。

発達障害があろうが精神病になろうが、そんな風に生きていくこともできる。

 

私はあきらめていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

アスペルガー夫と暮らしながら育児や仕事はできるのか

夫がアスペルガーだと第三者に言われてから、アスペルガーについて

勉強している。

 

最近読んだ本

 


カサンドラ妻の体験記 ‐心の傷からの回復‐

 

カサンドラ妻というのは、アスペルガー夫との暮らしの中で

悩み苦しみ、自己肯定感の欠如、虚無感、あげくに鬱などになってしまう

妻のこと。

 

この夫婦の体験談は、今の私達夫婦と似ているところもあって

やっぱりそうなんだ!と思うところが多かった。

 

アスペルガー夫のヒデマロさんは、

穏やかで口数少なく、無表情だけど真面目で素直。

父親が激しい気性のDV男だったサラヨさんは、その穏やかさを好きになって
結婚したそうだ。

 

私もそうだった。

 

夫は出会ったころ、穏やかでうつむき加減、素直で素朴な人だと

思った。

 

そしてサラヨさん夫婦も、子どもの誕生をきっかけに
夫婦が壊れていく。

 

子どもが2人できて、家事に育児に多忙で睡眠もままならないサラヨさんに対し、

仕事だけは真面目に行くが、家での生活は子どもができる前と何も
変えようとしない夫のヒデマロさん。

 

サラヨさんが第二子妊娠中に救急車で運ばれても

「ふうん・・・でも今は元気なんでしょ。

ごはんまだ?」

 

トイレで倒れて1時間意識を失っていたのに

出てみたら寝転がって漫画を読んでいた。

 

妊娠中だろうが、幼子二人抱えて体調が悪かろうが

自分のペースは絶対に乱さない。

 

自分の辛さ大変さを分かってくれない。

体調や気持ちを気遣ってくれない。

 

そんなヒデマロさんに違和感を感じ、疲弊していくサラヨさん。

 

そしてサラヨさんは重度のうつ病を発症してしまうが、

妻がうつで入院までしても、事の重大さに気づかない、というか

受け入れないヒデマロさん。

 

退院後の生活は相変わらずで、気遣いを見せない夫。

 

せめてものストレスのはけ口に好きな仕事がしたい、と言ったら

猛反対。

それでもサラヨさんは自分を保つために家庭以外の居場所が必要だった。

そして仕事に復帰する。

反対する夫を説得するために

「家事や育児に支障が出ないようにするから!」

と無理な約束をしてしまう。

下の子が幼稚園のとき。

 

夜、子どもを寝かしつけてから仕事やPTAの書類の準備、
資格の勉強などをしたいサラヨさん。

 

でも、ヒデマロさんは子どもが寝た後

「一緒に録画してたサッカー観ようよ。」とか

「今日は一緒に寝よう。」とか誘ってくる。

 

昼間できないことを夜中にやるしかないサラヨさんは

「やることがあるから」と毎回断る。

 

最初はそばで一人でイヤホンして録画をみたりして
諦めてくれていたヒデマロさんだが、そんなことが重なると

あからさまにサラヨさんの邪魔をするようになっていった。

 

サラヨさんがパソコンを開けると、線を抜いたり、

パソコンをバンっと閉じたり。

大声で怒鳴るようにもなった。

 

「僕はサラヨの何なんだ!」

「必要ないっていうのか!」

 

家事育児仕事と多忙な中で何とかひねり出した時間を

そうやって邪魔されるようになり、サラヨさんは気持ちの

はけ口を失う。

 

ある日、誰もいない昼間のリビングで、ふと

「死のう」と思ってしまった。

 

上の子が学校からちょうど帰って来て

「おかあさ~ん、今日ね、学校ですっごいいいことがあったんだよ~!」

 

それを聞いて

「今日死ななくてよかった。この子の人生最高のいい日を最悪の日に変えてしまうところだった。」

 

その日、離婚を決意して子どもたちを連れて家を出た。

 

 

 

穏やかだった夫が、子どもができて急に多忙になり、自分にかまってくれなくなった

妻にキレるようになる。

 

それは、それまで自分の”援助者”であった妻が

”迫害者”に変わったから。

 

私の夫も、私が時間をひねり出してパソコンを開けた瞬間に

決まって話しかけてくる。

 

子どもができてからは私も時間に余裕がないので、断っていた。

 

すると

私のパソコンを踏みつけたこともあるし、捨てようとして取り上げたこともある。

 

ブログや、ドラマをみるのが私の気持ちの吐き出し口で、絶対に必要なこと

なのだと何度説明しても、受け入れてくれない。

 

妻に”気持ちのはけ口”が必要であるということが、理解できない。

 

妻だって生身の人間で、

日々子どもと夫のために家事育児に追われて感謝もされない中で、

家庭以外の居場所がほしいと思うのも当然だし

疲れもするしストレスもたまる。

 

夫婦二人の時間がほしいと思うなら

妻がやるべきことすべてやり終えて

やっと自分のことをしよう、としている時間や

夜中の時間を奪うのではなく、

 

忙しいのを手伝えばいいのに、家事育児の時間を短縮できるように

自分が動いて時間を作ってくれればいいのに、

夫が奪うのは、決まって妻の自由時間、仕事時間なのだ。

 

これでは夫婦共働きは叶わない。

 

アスペルガー夫は、最高レベルの”かまってちゃん”らしい。

 

家計のために、とか妻自身の気分転換や充実のために仕事したいなどという

理由は、自分をかまわない理由にはならない。

 

妻は、食事や睡眠の時間を削ってまでも、

自分の話を聞くべきだし、一緒に自分が見たいテレビを見るべき

存在なのだ。

 

私が、別居するしか生活していくことができない、と思ったのは

家事育児すべてやり終えてひねり出した好きなことをする時間を奪われる

ことに加え、それを訴えると「寝る時間削ればいいじゃん。ごはんなんか

食べなきゃいいじゃん」と言われること。

 

飲まず食わず寝ずで、どうやって1歳児の世話ができましょうか?

どうして仕事ができましょうか?

それでは体がもちませぬ。

 

こんな人と、ともに快適に暮らす方法が果たしてあるのか、

模索中。

 

 

 

子どもが1歳ごろに離れる夫婦が多いのはなぜか?

仕事しなくちゃいけないから、子どもを母にみてもらうために

実家に帰って来ている。

子どもができてから、夫と一緒にいる時間がずいぶん減った。

 

それまでは、無職で家にいる夫と1日中毎日一緒にいたのに

出産前後から始まってこの1年、私は実家にいる時間が多く、

夫とは軽い別居状態だ。

 

「子ども1歳 別居」とかで検索すると

た~くさん、掲示板の相談やブログ記事が出て来た。

 

やっぱり、この時期の夫婦別居→離婚は本当に多いんだと

改めて思った。

 

結婚したら子どもを産む。

 

当然のように多くの人がそう考えて、そうする。

 

なのに、子どもができたら家族が崩壊する。

 

もしかしたらヒトもカマキリと同じように

子ども産んだらオスはいらないからメスのえさになって

子どもの栄養になればいいんじゃね?

 

・・・いや違う。

 

私が思うに、たぶん、核家族化が原因。

 

人間は猿と同じで、本来群れで子育てをする生き物。

 

昔離婚が少なかったのは、大家族で暮らしていたからだと思う。

 

人間の子どもというのは、母親一人で育てられるほど

簡単に育たない。

 

祖父母や親戚や兄弟や近所の人や育児の専門家の人たち。

 

みんなで手を貸して智慧を出して育てるもの。

 

核家族になったせいで、夫婦はお互いしか話し相手が

いなくなった。

そして子どもの世話をする人とお金のための仕事をする人が

それぞれの役割を淋しさをこらえてやらなければ、

家庭が機能しなくなった。

 

母親が育児に追われていると、夫は話し相手がいなくて

淋しい。

父親が仕事に追われていると、妻は話し相手がいなくて

淋しい。

両親が仕事に追われていると、子どもは話し相手がいなくて

淋しい。

 

夫婦と子どもがべったり一緒に過ごそうとなると、

お金がなくなって生活できなくなる。

 

もしも昔のような、猿のような、大家族で群れで今も

暮していたなら

 

母親が子どもの寝かしつけをしている。

仕事を終えた夫は自分の親や近所の人などと一緒に食事し

お酒を飲んだりしている。

淋しくない。

 

昼間夫が仕事に出かける。

母と子は家に二人ぼっち、にならない。

家にはいつも祖母や姉妹や女性たちがいる。

 

子どもを抱く手はたくさんある。

 

現代の、育児が母親一人に偏りすぎている環境が

結果的に家族全員に淋しい思いをさせているんだ。

 

grapee.jp

 

2年前の記事だけれど、私と同じように小さい子がいる中で

理解のない夫に悩んでいる方がブログで紹介していたあっちゃんの

言葉。

 

多くの子育て中のママが

「あっちゃんかっこいい~」と涙したそう。

 

あっちゃんは本当にかっこよくて、

「パーフェクトヒューマン」かもしれない。

 

でもそういう男性は、ほんとに少ないって。

たぶん、統合失調症の割合よりもずっと、少ない。

 

9割の夫は、産後の妻の変化についていけず

自己保身に走り、一番大切な時期に、一番大切な人を

失う方向に走っているのだろう。

 

うちの場合は

今の夫婦別離の状況を招いた原因がいまひとつ特定できない。

 

子どもが生まれて生活がガラリと変わったこと。

半年も私の実家に里帰りしていたこと。

夫が向精神薬をやめたこと。

夫が初めて仕事をしようとしていること。

住む場所が変わったこと。

 

これだけのことが、1年と少し前に同時に

起きたから、どこを改めればいいのかも、

分からない。

 

私は産後鬱ではない。

 

夫の薬をもらうために一緒に行った精神科の先生は言った。

 

旦那さんと一緒にいるときだけ、情緒不安定になるんですよね?

いない時は、落ち着いているんですよね?

じゃあ旦那さんが落ち着けばあなたも落ち着きます。

 

これは、産後鬱ではない。

 

先に情緒不安定になったのは、断薬した夫であり

産後今までよりも過敏になっている私は夫の言動に

反応してパニックになっているだけ。

 

出産の瞬間に、断薬なんてしてほしくなかった。

義理の両親には、妊娠と同時に、金銭的援助を切ったりしないで

ほしかった。夫はまだ収入がなかったというのに。

 

タイミングの問題。

 

薬も、援助も、永遠じゃなくていい。

やめてくれていい。

 

だけど、タイミングをみてほしかった。

 

本当に、妻子のことを思うなら。

息子夫婦のことを思うなら。

 

親子そろってこのタイミングとは

少し先のことを考えるのが苦手な親子なんだなあ、と

しみじみ思う。

 

夫婦仲改善カウンセラーさんに相談するのは

もうやめた。

 

だって、この状況で私が夫を褒める、感謝する、

そんな心の余裕があるはずないじゃないか。

 

頻繁に実家に帰る私だけが悪いのかと反省していたけど

そうじゃない。

 

頻繁に実家に逃げ帰りたくなるような家庭にしている夫にも、

責任がある。

 

本当に妻子と一緒にいたいなら、

言い訳せずにしっかり稼いで金銭面で安心させればいい。

 

子どもの世話に時間を取られてゆっくり話をする時間がないのを

自分をないがしろにしているなどとすねたりせずに

妻に少しでも余裕ができるように積極的に家事育児をやればいい。

妻が一人で休む時間を積極的に作ってあげればいい。

 

腹が立つことがあっても大声で怒鳴ったりモノを投げたりせずに

妻の産後の変化について知り、自分が癒しになれるように

コントロールすればいい。

 

かわいい盛りの子どもとの時間が減っている状況は

自分が招いたことだ。

 

それについて私は罪悪感を持つのはもうやめにしよう。

 

もうこれ以上、自分をいじめるのはやめよう。

 

こんな状況の中でも、子どもは元気に1歳になった。

 

すごいじゃないか!

立派じゃないか!

 

私は今誰かにただ優しくされたい。

すごく頑張っているよね、こんな状況じゃ誰だって

パニックになるよね、と共感されたい。

 

いつも支える側にならなきゃと気張る必要なんかない。

私だって、支えられる側になる時期があっていい。

幼い子どもを支えるので、今は精一杯なのだから。

 

近い将来

子どもの世話がもう少し楽になり、自分の時間ができるように

なった時

仕事が順調に動き出して収入が安定するようになった時

 

そうしたら、夫のことをまたちゃんと愛せるかもしれない。

そのとき、私の隣にいるのは、私がかつて愛した夫だろうか?

それとも・・・?

 

今無理するのはやめよう。

 

現代の新米ママは、自分を追い詰めすぎている。