家族のこころ

統合失調症の夫、母娘の闘い、子育て論。精神世界について得た学びや知識を共有したいです。

モラ母に育てられた娘はモラ男と結婚し、またモラ母の元に戻る


母を棄ててもいいですか? 支配する母親、縛られる娘 (こころライブラリー)

 

実家に出戻っていながら、こんな本を読んだ。

 

毒親とか毒母とかいう言い方もあるけど、

この本では「モラ母」と呼んでいる。

 

改めて、私の母はやっぱりモラ母なんだなあ、と思った。

 

この本では、6タイプのモラ母が出てくるが、

私の母は、「プレッシャー母」と「スーパー完璧主義な母」の

混合タイプだと思う。

 

「プレッシャー母」は、

「気をつけて!」と「大丈夫なの?」が口癖。

 

家族は母を中心に回っている。

そのように母が仕向けている。

 

心配を正義だと考えており、いつも家族の誰かのことを

全力で心配している。→正しくは心配という呪いをかけている。

 

そして心配した通りのことが起こると責める。

 

子は責められないように行動するようになる。

 

「スーパー完璧主義な母」は

全てにおいて完璧であろうと忙しく立ち回る。

それゆえ家の中に重い空気を充満させる。

子供にも完璧を要求する。

 

「正論」が大好物。

反抗しようものなら「正論」でやり返される。

 

 

母は、私が自分の知らないことをやろうとすると

必ず深刻そうな顔をして

「大丈夫なの?」と言った。

 

何も困っていない時に限って

「大丈夫なの?」「お金足りてるの?」と言う。

 

本当に困っている時は

「あんたが甘いからや。」と突き放す。

 

私が新しい仕事や生活を始めてやる気になっている時は

「大丈夫なの?やっていけるの?」と言い、

自活して頑張ろうとしている時に限って

「お金足りてる?入れておこうか?」と先回りして

手を伸ばしてきた母。

 

なのに過食症になって本当に助けて欲しかった時は

「怠けてるだけやろ!走れ!」と怒りとともに突き放した母。

 

今回、夫から逃げてお金もなくなり、離婚かもという本当に

助けが必要な時なのだけれど

「あんたもお金の管理もできないの?」と

満身創痍の私をまだ傷つけることができる母。

 

母は、私が妊娠した時から

「もうしんどかったら離婚してもええんやで。

あんたと孫だけやったらなんぼおってもええし。」と

まるで離婚して出戻ってくることを望んでいるかのような

ことを言っていた。

 

そしてその通りになった。

 

なのに、傷だらけで戻ってきた娘の心は置き去り。

 

孫は可愛がるけれど、私に対しては重い空気を出し、

少しでも意見らしきものを言おうものなら

「あんたはほんまに・・・」と否定。

 

上にあげた本の例でも出てくるけれど

こういうモラ母に育てられた娘は結婚も失敗する傾向にあるらしい。

 

なぜなら、幼い頃から母の顔色ばかり伺って自分を押し殺して

良い子で生きる癖が付いているから。

 

自分軸で生きていない。

他人にエネルギーを注ぐことで愛情関係を成立させる。

 

そういう人は、自己中心的で自己愛の強いモラ男に

好かれてしまう。

 

結果振り回される結婚生活になり、ついには暴言暴力に

耐えかねて満身創痍でまたモラ母の元に戻る。

 

私も、20代後半から付き合う人はモラ傾向のある人ばかりになった。

 

夫は、モラじゃなかったはずだが、薬を飲んでいたから

本当の性質はわからない。

 

暴言暴力こそなかったけれど、自己中心的で気分屋な言動に

振り回されていたのは事実。

 

私はいつもどうしたら夫が気分が良くなるか、

居心地がよくなるか、イキイキできる仕事は何かとか

ばかり考えて、自分の夢を追うことは後回しにした。

 

出産してからの夫は暴言暴力も始まり、まさにモラ夫になった。

 

モラ母から逃げたかったはずの私は

そうして結局また母の不機嫌な監視の元に戻ることになった。

 

母親という魔女の呪いは実に強力だ。

 

凄まじい引力で結婚して出て行った娘までも取り戻す。

自分の「無力な存在の世話を焼く」という生きがいのために。

正論をぶつける相手をそばに置いておくために。

 

そして本人にその自覚はない。

 

モラ母に育てられ、他人軸で生きる癖が付いている娘は

自分を犠牲にして尽せるようなダメ男に

惹かれてしまうし、好かれる。

 

この人は私が支えなきゃ、救わなきゃ。

 

そんな共依存関係こそ愛だと思い込んでしまう。

 

本当は、成熟した器の大きい大人な男性でないと、

幸せになれないのに。

 

そう、ある人気男性占い師に言われた。

 

そしてこのループから抜け出すには

「自分軸で生きる」ことを徹底するしかない。

 

私のやりたいことを、好きなことを、

私のタイミングで、私が住みたい場所で、

誰に遠慮もせず、やるのだ。

 

自分の人生の舵取りを

母でも夫でもなく、自分で取るのだ。

 

そこに罪悪感はいらない。

 

占い師の方に

「離婚後の旦那さんの生活まで気にかけている人なんていないですよ。

人が良すぎます!」と言われた。

 

母に「私ってお人好しなんだって」と言ったら

5秒くらい沈黙してから「ふうん。」と不服そうに言った。

 

母は、私の性格を「お人好し」だなんて風に肯定的に見たことは

なかったんだろう。

 

お母さん、寂しいかなあ?とか

旦那、これからどうやって生きていくんだろう?とか

 

人の気持ちや生活のことばかり気にかけて

動いているから

私はいつまでたっても自分らしく生きられない。

 

子供のことさえも

「この子のために」などと思わなくていいんだと。

 

自分の人生、自分のために。

 

最近のカウンセリグや鑑定で複数の人になんども言われたことだ。

 

「カウンセリングって受けてなんか変わるの?」と

私がこの状況でカウンセリングを受けることまでも

否定的な言い方をする母に遠慮する人生は、いい加減終わりに

しなくちゃいけない。

 

 

 

 


母を棄ててもいいですか? 支配する母親、縛られる娘 (こころライブラリー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「統合失調症は絶対に服薬をやめてはいけない」と霊能力のある方々にも言われた話

電子書籍「里帰り出産をしてはいけない」は一時販売停止に

しています。

 

夫がこの本が自分たちがこんな状況になった原因の答えだ、と

私の母を攻撃する材料にしてくるからです。

 

これを執筆した時は、私は夫との家庭をやり直したい一心で

自責の念でいっぱいでした。

 

当時は普通の夫婦仲修復カウンセラーにばかり相談し、

良妻賢母の本ばかり読んで自分を反省して変えることで

よくなるかもという想いだけでした。

 

でものちに、霊能力のある方々に相談するようになり、

私たちの場合は良妻になれば、などという甘いものではなく、

夫には統合失調症という危険な精神障害があり、今の状況は

夫が服薬をやめたことが全ての原因であるということ。

 

断薬と里帰り出産の時期が同じだったから夫は当然里帰りの

せいにするけれど、私が精神が健全な一般のご夫婦の例を出して

自分を反省したりしたことが、却って夫の妄想を強め、症状を悪化

させてしまったようです。

 

霊視透視の力をお持ちの方数人に相談して初めて

私は自分の統合失調症という病気に対する認識の甘さに目が覚めました。

 

病識がなかったのは、私も同じだったのです。

いつの間にか、当事者である夫に説得されて、病気じゃないんだ、と

私も思ってしまった。普通の夫婦のようになれるかも、と期待した。

服薬の管理もしなかった。

それがこのような危険な状況を招きました。

 

霊視していただくと、夫のエネルギーはかなり弱っているとのこと。

自分でも自分が抑えられない、危険な状態だそうです。

 

私が出産で入院している間に夫は独断で薬をやめたから

止めようがなかったけれど、その後おかしくなり始めた頃に

すぐに、義母が言うように飲み物にこっそり混ぜてても服薬を

再開させるべきだったのだと思います。

 

遠い外国にいたと言うのも災いしました。

もし家族が近くにおり、彼が通っていた病院にすぐに行けるような環境にいたら

もっと軽い段階で救えたかもしれません。

 

今の夫は、もう誰とも正常な会話ができなくなっています。

自傷他害の恐れもあるし、睡眠薬の過剰摂取のために記憶も飛んでいます。

家計アプリを共有していましたが、同じものを2度3度購入したりしています。

 

もう入院させなければ落ち着きを取り戻せないところまで来てしまいました。

 

やっと、いいところまで来ていたのに。

また、やり直さなければなりません。

 

統合失調症は絶対に服薬をやめてはいけない。

 

思い知りました。

 

長典男先生は、夫の断薬を結果的に後押しされました。

 

妊娠8ヶ月の時、私たちは八ヶ岳まで赴き、アカシックレコード

読めると言う長典男氏に鑑定してもらいました。

 

夫はその時向精神薬について尋ね、先生は

「薬が何かに効いてるとは思えない」とおっしゃいました。

そして夫が訴える集団ストーカーの話を肯定しました。

 

そして「あなたの使命は今同じように被害にあって渦中に

おられる方を救うことです」とおっしゃいました。

 

それで夫は薬をやめる決意をし、やる気になったようです。

 

カウンセラーの方は、統合失調症の患者の場合は特に

彼らが訴える妄想幻聴の内容を頭ごなしに否定すると

危険なため、その場では肯定されます。

 

「そういうこともあったでしょう。でも今はもう大丈夫ですよ。

誰もあなたのことを攻撃していないよ。大変だったね。」

 

岐阜の気功の先生も、青森の木村藤子先生も、同じような言い方を

されました。

 

だから私も、霊能力のある方が「あった」と言っているのだから

私には信じられないけど、そういうことも現実にあるんだ!と

思ってしまいました。

 

でもそれは、夫本人が目の前にいたから

逆上しないようにそうおっしゃっただけだったのです。

 

夫と別居するようになり、私1人で相談できるようになると

神の目でみることのできる方々はみんな、

「ご主人は病気です。おっしゃっていることは妄想です。真に受けてはいけない。」
と言うではありませんか!!

 

私は驚きました。

 

「やっぱり病気・・・なんですか?なんですよねえ。。。」

 

RASや多くのカウンセリングでは、

精神病の中で統合失調症の方だけお断り、というものが多いです。

 

「鬱やパニック障害などの方、お力になれます。」と謳っている

ヒーリングやカウンセリングも、統合失調症だけは断るのです。

 

それが何を意味しているのか。

 

精神科の医師以外の人間には、統合失調症を治癒させられない、

ということです。

精神科の医師が何をするかといえば、薬を出すだけです。

 

つまり統合失調症は今のところ服薬で脳の暴走を止める以外に

症状を落ち着ける方法がない、ということです。

 

RASのファシリテーターの方に

なぜ統合失調症だけダメなんですか?と聞いたことがあります。

 

暴れた時に対処できないから。

 

というお答えでした。

 

統合失調症というのは、自分が思い込んでいることを

否定された場合に、キレて暴れる可能性がある。

そうなったら精神科医が注射なりなんなりで投薬する以外に

止める方法がないからなのです。

 

本当に、なぜこんな不可解で面倒な病気が存在するのか

神様はなぜこのような苦しみを人々にお与えになるのか

理解に苦しみますよね。

 

脳が暴走してしまうのは、本人も辛いでしょうが

見ている家族も辛いです。

 

最近、東野圭吾さん原作の「変身」というドラマが

放送されていました。

 

脳移植された人が、人格が凶暴になっていき、苦悩する話です。

 

もう放送終了しているのでネタバレにしますが、

 

結婚を考えていた彼女は、大好きだった彼が別人のように変わっていく様を

目の当たりにし、怖いと思いながらも誰より心配し、以前の優しく穏やかな

彼を取り戻したい、と頑張っていました。

 

凶暴化する彼に傷つけられ、一時は実家に帰りますが、心配で

またそばに戻ってきます。

 

殺人まで犯してしまった彼は、移植された脳を

元には戻せない、と医師に言われ、絶望して自殺します。

 

その最期を見届けた彼女は、心肺停止した彼の手をぎゅっと

握りしめ、

「やっと、終わったよ・・・・」と静かに涙を流します。

 

これは脳移植された人という架空の話ですが

統合失調症はこれと似たようなものだと思います。

 

発症した人は、別人になる。

 

穏やかだった人が凶暴になって暴れ、目つきが鋭くなって

大声で何か喋り続けている様は、悪魔が取り憑いたかと

思うほどです。

 

私は、退院後1年以上経ち、服薬で落ち着いていた時の

彼と出会ったので、こんな様子は今回まで見たことがありませんでした。

 

それまでも過去のトラウマ部分に私が触れるとキレて

モノを壊したりしたことはありましたが、一晩経てば何もなかったかのように

けろっとして「ごめんね」とか言っていたので


ここまで長い期間、反省もなしに暴れ続ける彼は

見たことがありませんでした。

 

義父は発症当時の彼のことを

「手がつけられない。警察呼ぶしかない。」と言っていましたが、
今また同じような状態になってしまいました。

 

私は、自分がもっと良き妻であったなら、などと反省している場合

ではありませんでした。

事態はもっと深刻だったのです。

 

何としても服薬させなければならなかった。

 

彼は今も、1人遠い異国の地にいます。

 

自分は超健康です!これから大きく稼ぐしね。

と言いながらカードの未払金が数百万溜まっている中で

まだギャンブルをやっている。

 

日本に帰ってこない限りは、家族は誰も彼を助けることはできない。

 

でも今の彼は、妙に自信があるようで、

寂しい気持ちを通り越して自由にやりたい気持ちが強いみたい。

 

だけど送ってくるメッセージからは

日に日に妄想が強くなっている様子が伺えます。

 

霊視の結果は、数人の先生に聞きましたが

皆おなじで、

彼が落ちるとこまで落ちて瀕死の状態で”気づく”までは

放っておくしかない、ということでした。

 

残念だけどね・・・

彼もかわいそうだけど・・・

 

でもあなたのせいじゃない。

あなたが産後彼を構えなくなったのは仕方のないことだった。

誰だって子供が赤ちゃんの時はそうなるよ。

 

その環境の変化に彼はついていけなかったんです。

元来統合失調症の人は生活環境の変化に非常に弱いんです。

本当ならこんな時こそしっかり薬を飲んで、親になるという

環境の変化に慎重に適応していかなければならなかった。

 

薬やめたのがいけなかったねえ。。。

 

製薬会社と結びついている精神科の医師ではなく、霊能力を使って人々の悩みを

解決に導いておられる方々が口を揃えてこうおっしゃいました。

 

今の状況では、家族は彼が自分で”気づく”のを

待つ以外にありません。

 

服薬をやめるとほとんどが1年以内に再発する、と

言われていますが、本当でした。

 

陽性症状の時は、病識がなくなると言いますが、

夫も2月に精神科に連れて行った時のことを、

私が産後鬱じゃないかどうか診てもらうためだった、と話しています。

 

夫も義母もいとこもいる前で、医師は

「奥さんは何ともないですよ。産後は影響を受けやすくなっていますから

不安定なご主人のことで動揺しているだけでしょう。

ご主人が薬を飲んで落ち着けば奥さんも落ち着きますよ。」

と言ったことは、記憶から消しているみたいです。

 

現に私は、夫と離れて生活していると、声を荒げることもなければ

泣くこともなく、子供にイライラすることさえありません。

 

気がかりなのは、夫のことだけなのです。

 

そしてこの想いは、夫にだけ伝わらないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ一時非公開にしていました

ブログ訪問、ありがとうございます。

3日間このブログを非公開にしていました。

 

というのも、別居中の夫が私の母にこのブログのリンクを送りつけ、

「旦那の病気とお母さんをネタにこんなの書いてます。」というメッセージと

その他私や私の母に対する恨みつらみをLINEで送ってきたから。

 

友人知人にもこのブログのリンク送ってやる!と言われて

なんか気味悪くなって一時非公開設定にしたのだけど

よく考えたら別に知り合いにこれを知られたからといって

私は特別困らないな、と思った。

 

母に読まれたとしても。

 

私は決して「ネタ」にしているという気持ちではなく、

家族と真剣に向き合い、悩み苦しみ希望を見出そうとしている

様子を気持ちを整理する手段として書き、

そして同じような立場におられる方の心に

何か響くものがあれば私も救われる。

 

そんな真剣な想いからこれを書いているからです。

 

病気を茶化したり家族のことをバカにしたりしたことは一度もない。

 

ここに書いている記事は全て

全く嘘偽りも脚色もない、私が経験した事実と本心だけ。

 

日々人間関係の中でもがき苦しみ、絶望したり希望をもったりしている

普通の人間の精神修行の記録。

 

この地球に生まれてきている魂は皆

喜びや幸福だけでなく、怒り悲しみ寂しさなど負の感情も含めた

感情ゲームをするために生まれてきているそうだ。

 

だから本来宇宙は、エネルギーだけの世界では

平穏無事に平和に愛と感謝だけで淡々と日々が過ぎていくのだけど

それでは退屈で魂が磨かれないから、わざわざ争いごとや悩み事を

作ってすったもんだしていろんな感情を体験して喜んでいるのが

この地球に存在している魂だそうだ。

 

だから、私がここにさらけ出しているような悲喜こもごもは

地球で生きている人間ならば誰でも知っている感情であり、

「うちと同じだ!」と共感したり

「うわ〜大変だな、うちはまだマシだわ。」と救われたり

「私の方がもっと大変な目にあってるよ。」と思ったり

 

いろんな思いを持ってこのブログを読んでくださっているのだと思う。

 

私には、家族の病気や旦那の借金や自分の心の闇を全部

さらけ出して叱咤激励しあえる友達がいない。

 

もしかしたら、私から話せば相手も少しは話してくれるかもしれないが

今のところ、そこまで全部ぶちまけられる友人というのは残念ながら

持ったことがない。

 

一方で夫には、ちゃんと叱ってくれる友人がいる。

 

それってすごいことだと思う。

 

男の友情と女の友情は全然形が違うから比べるものでもないけど

「お前それは不謹慎だろ!」とか

「まだまだだな、甘いわ。しっかりしろよ。」とか

彼の統合失調症の一番ひどい時を知った上でそう、

本音で言ってくれる友達は、彼の財産だと思う。

 

だからもし、私の友達がこのブログをみても

「なんだ、優雅に楽しく結婚生活送ってるのかと思って嫉妬してたけど

こんな大変だったんだ。」と

逆に安心してくれるかもしれない。

 

私は結婚当初は友人知人に対する見栄があった。

私はこんな素敵な人と結婚して楽しい結婚生活を送っているの!と

自慢したいような気持ち。

 

でも、ここまでスタボロになって、もう全部、大変だったこと全部

知って欲しいくらいの気持ちになっている。

 

辛いことが一つもない結婚生活なんて存在しないんだから。

葛藤やすれ違いの一つもない親子関係なんて存在しないんだから。

 

統合失調症なんて100人に1人いるんだし、

発達障害だってたくさんいる。

 

私の友達だって身内にそういう人がいて悩んでいるかもしれない。

言わないだけで。

 

私はこのブログに深い意義を見出して書き続けている。

こんな便利なシステムがある時代でよかった。

 

1人誰にも読まれない日記帳に書き綴っていても

そんなに救われないから。

 

自分の辛い気持ちは全部聞いてもらいたいくせに

共にいる人間が辛い気持ちを吐き出す場所を奪うような

人なら一緒にいられない。

 

夫への愛が完全に消えたわけじゃないけど

私も辛いんだということを分かってくれないなら

仕方ない。

 

私は何も咎められるようなことはしていない。

 

だからやっぱり、このブログは公開にして続けることにしました。

 

今後ともよろしくお願いいたします。