家族のこころ

統合失調症の夫、母娘の闘い、子育て論。精神世界について得た学びや知識を共有したいです。

自分軸で生きることが結局家族の幸せになる。

前回の記事の補足。

 

私が他人軸で生きていたことについて

複数の人に言われてから自分の半生を振り返って

掘り下げてみた。


それが始まったのは多分、妹が生まれて以降。

 

妹は1歳半しか違わないからたぶん、2歳の頃にはもう

始まっていたんだと思う。



妹が好きなお菓子は自分のを半分あげた。



母に強く望まれたから、家から通える大学にした。
結局摂食障害になって母と喧嘩が絶えず、1年で家を出た。


本当は海外で働いて、外国人と結婚してずっと外国に住みたかったけど、
海外就職はしたもののそこで出会った日本人と結婚した。

言葉が通じない婿だったら親が残念がるだろうなあ、と思ったのも事実。

いつも彼氏ができたら、この人は両親に認められるだろうか?と
考えていた。


母の強い思いに引っ張られて、里帰り出産した。

夫の強い思いに引っ張られて、産後3ヶ月でまた外国に移住した。

私は全く興味のない国だったけど。

夫が大丈夫っていうから。

結果、全然大丈夫じゃなかった。

家族の誰かの望みを叶えようとすると、別の誰かが
不満を持って、喧嘩になって、結局、みんなが傷つく結果に
なってしまった。


家族の望みを聞こうとしたって、
どうせあちらを立てればこちらが立たず、になる。

私は、私の居場所とやることくらい、自分で決める。

誰に遠慮もいらない。

誰かのために、自分を犠牲にするなんて
結局みんなを幸せにしない。

自分が生き生きと輝いて、笑って生きていること。

それが周りも輝かせることになる。

 

私が一番嫌なのは、母の自己犠牲精神だったはずなのに

いつのまにか自分もそうなっていた。

 

母は家族のためにたくさん料理を作るくせに自分は同じものを

食べないで残り物やパンなどをつまむ。

 

お父さんを置いていけない、という理由でパート先の社員旅行も

断っていたし、

 

仕事が大好きだけど仕事しているから家事が

おろそかになっていると思われたくなくて、帰宅してから

座ることもお茶を飲むこともなくバタバタ食事の準備や片付け

をして決まって夕飯後に力尽きたように居眠りする。

 

それをみた父が決まって

「母さん疲れとるんや」

と言う。

 

全部、ものすごく嫌だった。

 

そんなに必死に動いてなくたっていいのに。

眉間にしわ寄せて家族のために頑張ってますって

見せつけないで欲しい。

 

私たちも、できるから。

お母さん1人でやらなくても、私たちにもできるから。

 

お母さんもっと楽して欲しい。

笑って楽しそうにしてて欲しい。

 

小さい頃から今まで、私はずっとずっとそれを願っていた。

 

お母さんがしんどいと、笑ってないと、いつも自分が責められている

ような気がして辛かった。

 

バタバタ家事をしている母の前でのんびりお茶なんか飲んでいたら

悪い子のような気がした。

 

実際、母は動きながらチラチラ不機嫌な顔で私の方を見る。

 

最初のヒプノセラピーで7歳ごろの自分が出てきて、

 

「私が楽しそうにしているとお母さんが不機嫌になる。

だから真面目で大人しくしている。感情を出すとお母さんがそれを否定する。

だからポーカーフェイスになった。」

 

と言うことがわかった。

 

本当の私は歌ったり踊ったり、志村の真似をしたりしておどけるのが

好きな子だった。

 

だけど私が踊ったりしていると母は決まって

「何しとん?変な子」と冷たく言い放つから

私は楽しい気分を潰されて、悲しい気持ちになった。

 

そんなことが続き、

「私が楽しくしているとお母さんが笑わない。

真面目にしていると笑わないまでも否定はされない。」

 

そう思って、本来のひょうきんなところや快活なところを封印し

真面目でおとなしい子として生きる決断をしたようだ。

 

これを幼児決断と言う。

 

幼児決断は、未成年にとって死活問題の

「親の機嫌」を取るためにされる。

 

私の場合、ヒプノやRASで出てきたのが6歳ごろだったので

この頃に決断したみたいだ。

 

じゃあ一体お母さんはなんでそんな小さな子供が楽しそうに

しているのを否定したりしたんだろう?

 

なんで一緒に笑って踊ってくれなかったんだろう?

 

ヒプノでわかったのは

 

「お母さんは自分が本当に望んでいる人生を生きていなくて

楽しくなかった。世間体を守るために必死に主婦をやっていたから

余裕がなかった。」

 

このセラピーが終わってから

母と言い合いになった時、これを本人に言ってみた。

 

そしたら、図星だった。

 

やっぱり、母は本当はキャリアウーマンとして生きたかった。

田舎から高卒で大手総合商社に入ったのが誇りだった。

 

だけど、24歳にもなれば、当時は女は結婚して退職するのが

当たり前だった。

 

結婚したら子供を2人は産むのが当たり前だった。

 

キャリアウーマンで生きる女よりも、専業主婦で生きる女の方が

圧倒的に幸せだと信じられていたし、世間はそれを当然のように

望んでいた。

 

保守的で真面目な母は、世間から外れた道に進む勇気などなかった。

 

念願叶って子供を2人授かったけれど

やりたいことをやっていないイライラや不満は、
無意識に幼い子供に向けられていた。

 

私は長女だったから、母の機嫌を真っ正面から浴びる役だった。

 

当時父は1ヶ月仕事で不在などがざらだったそうだから

父不在の中、団地でご近所の目も近く、母は完璧な家庭を

作るのに必死になった。

 

こんなにも必死でいろんなことを我慢しているから

能天気に歌ったり踊ったりふざけたりしている私を

受け入れることができなかった。

 

一緒に楽しむ余裕なんてなかった。

 

・・・そういうことだった。

 

だから世間から外れたような道を歩いている私が

どうしても面白くないのだ。

 

でもね、だから今の私にできることは、

「もうお母さんの機嫌を取る必要なんかない」と

認めること。

 

母には自分を幸せにする責任がある。

私には母を幸せにする責任なんてないし、そんなことできないのだ。

 

それを分かること。

 

お母さんが笑っていないことが、幼い子供にとっては

この世の終わりくらい怖いことなのだから

今母親でもある私が、笑っていること。

 

つまり自分で自分を幸せにすること。

 

人の助けを借りたり、息抜きも上手にして

娘と一緒に笑う余裕を持っていること。

 

今は状況的には心に余裕がなくなっても仕方のない状況

だけれど、踊ったり笑ったりする無邪気な娘をみると

楽しい気持ちにしてもらえるので、本来の性分のままに

1歳児と一緒に踊ったり走ったりしている。

 

母と違って、私には自然にそれができる。

 

子供の、全ての感情を否定しない。

 

楽しい、嬉しい、痛い、寂しい、悲しい。

 

全部一緒に感じて、共感する。

 

お母さんが自分の感情をわかって寄り添ってくれる

安心感ってものすごいよ。

 

幼い時にちゃんと親から安心感を持たせてもらった子供は

大人になってから恋愛や結婚で相手の愛情を試すような

困った人間にはならない。



自分の本心の望みにきちんと耳を傾けて、
私が私を喜ばせる。
誰よりも優先して。

やりたいようにやっていい。
住みたい場所に行っていい。

結婚も離婚も再婚も、私がしたいようにすればいい。

もっと自分中心でいい。

いや、自分中心こそが、正解なんだ。

もう離婚したいと義母に言った時、
彼女は
「女は強くないとダメよ。」と言った。

義母や母の世代は、
女は自分を犠牲にして家族に尽くすもの、
子供のため、夫のために生きるもの。

という価値観が根付いているから
義母はそういう意味で言ったはず。

耐える強さ。守り抜く強さ。

「子供のために離婚は思いとどまりなさい」

それが一番子供を苦しめることを、彼女たちは
認めようとしない。

自分たちが、そうして「我慢」してきたから。

子供にとっていちばん辛いのは、母親が笑っていないことなんだと
いうことに、気づきもしないで生きた世代。

 

子供に人生背負わせるな!

重いんだよ!


今の女の選択は

行動する強さ。変化する強さ。

「私と子供のために別居する、離婚する」

 

そんな選択だってある。

多くの占い師やカウンセラーは言った。

「子供のため」すら考えなくていいんですよ。

子供には子供の宿命があって生まれてきたんですから。

大丈夫、子供はちゃんと育ちます。


あなたは、あなたのためだけに、生きていいんですよ。

ブログ再開 自分軸で生きる決意

5月から休止していたこちらのブログですが、再開することにしました。

 

夫が見ているから、と言う理由で休止したのですが、見ていることも頭の隅に置きながら、それでもやっぱり過去の葛藤を記録し続けてきたこの場所で私は思考を整理したいし、発信したい。

 

この半年夫と時々メールや電話で話し合いを試みましたが

平行線のままです。

 

今の夫には、私が直接何を言っても聞き入れてもらえない。

どの提案も、「それはファイナルアンサーではないですね」と

跳ね除けられてしまうので、もう直接前向きに話し合うことは

当分無理なのだと諦めることにしました。

 

行政書士さんに作成してもらった離婚協議書も、調停の申立書も

拒否されました。

 

私の本気は伝わらず、夫は同じ過去の話を繰り返すばかりです。

 

だから夫がこれを見たら見たで、今はきっと何も聞き入れられないだろう

けど、時間が経って頭が冷えてきてから

私の思いを少しでもわかってくれたらいいかなあ、とも思います。

 

今回の離婚騒ぎで、たくさんのカウンセリングや占い(占いを多く受けるうちに気づいたのですが占いもカウンセリング要素が多分にあります)を受け、自分が他人軸で生きてしまっていることに気づかされました。

 

夫が喜ぶように、親が喜ぶように、そんなことを無意識に最優先に考えて人生の選択をしてきた結果が、この修羅場でした。

 

相談した方みなさんに言われたのが、

「自分軸で生きていい」「自分のためだけに生きていい」

「あなたがどうしたいか、それだけで決めていいんですよ」

 

と言うことでした。

 

なんか心屋さんが言ってそうな言葉ですね^ ^

 

家族にはわがままだとか言われることもあった私ですが、

実は全然わがままが足りていなかったようです。

 

そんな風に言われてみれば、私が自分のために自分都合だけで決めた人生の大きな決断といえば、海外就職したこと、この一つだけでした。

 

例えば日常の小さな決断、夕飯に何を食べたいとか、

今日は遊園地に行きたい気分、とか

 

そう言うことは私ははっきり自己主張する人間なので、

そう言う点で「わがまま」と言われたことは一度や二度ではありません。

 

だけど、人生の大きな決断は、全然自分都合で決めていなかった。

 

小学校5年生の時、4年生の時の親友だと思っていた子に

「クラス別々になったけど新しいクラスで友達作ったらダメだよ。

私が休み時間に遊びに行くから。」と言われてその通り友達を作らない

でいたら、その親友はさっさと新しい友達を作って孤独な2年を過ごすこと

になったり。

 

大学は本当は行きたい学科があったけど、親と担任に

「いや今の時代そっちよりまだこっちだよ」と言われて

その通りにしたけど未練があってゼミだけ本来行きたかった

学科のゼミに入ったり。

 

大学卒業時に留学したかったけど、当時の彼氏と離れるのが

怖くて留学せずに彼のそばでフリーター生活をしたり。

 

20代後半以降は彼氏ができるたびに

「両親はこの人気に入ってくれるかな?」と常に

考えていました。

 

フリーターで低収入なのに毎年両親の誕生日と結婚記念日には

プレゼントもした。

 

院卒で正社員の妹は何もしないのに。

 

私は子供が欲しいなんて一度も思ったことがなかったけど、

夫が子供を欲しがっていたから

子供を産む決心をした。

 

親も孫ができたら喜んでくれるだろう、と思ったのは確か。

 

場所にこだわる夫に付いて毎年のように引っ越しもした。

 

そのために自分が住みたい場所も忘れる努力をして

やりたい仕事も保留にしてきた。

 

全部、親と夫に喜んで欲しい、笑って欲しい、

その思いだけでした。

 

・・・その結果、全員が傷ついてしまった。

 

他人優先で人生の大きなことを決めるのは

どうやら宇宙の法則に合っていないらしい。

 

今回複数の相談を受けるプロの方たちから指摘されるまで

むしろ自分は「結構好き勝手にやっているほうだ」と

思い込んでいました。

 

それも、周囲にそう思わされていたのかもしれません。

 

きっとこの行動パターンは私の満たされていないインナーチャイルド

原因です。

 

両親に自分のことを認めて欲しい、親を喜ばせることのできる人間

になりたい。

 

私の潜在意識は強烈にそう願っていたようです。

 

でも、家族とはいえ、別人格の人間。

彼らにもそれぞれ傷ついたインナーチャイルドがいて

思考の偏りがあるので、期待した通りの反応なんて

かえってきません。

 

海外就職した時は、当時付き合っていた彼からのプロポーズも断ったし

親には全部決まってから事後報告にしました。

 

不安だ心配だ無理だと言われるのがわかっていたから。

 

完全に、自分だけの思いで決めて行動したからか、

そこでの仕事と生活は人生で一番充実していて、幸せだった。

 

それなのに、そこでの暮らしが3年すぎた頃、ちょうど失恋したのも

あって、私は宇宙にオーダーしました。

 

「もう自分のためだけに生きるのは十分です。

これからは他人のために生きられる人になりたい」

 

だから宇宙は注文通りのものを届けてくれました。

 

生きるために私を必要とする、依存体質の夫です。

 

私のオーダーは間違っていました。

 

「他人のために生きる」なんてそんな傲慢なことが

未熟な私にできるはずもなく、私はまだまだ私のために

やらなければいけないことが山積みなのでした。

 

離婚も別居も、あなたがそうしたいならそうしていいんですよ、

みんなにそう言われて

 

夫がブログを見ているから本当は書きたいのに書かない、

というのも、「自分中心」で動いてないじゃん、ということに

気がついて、離婚とかはさておきこれはそれこそ私が決めて

いいことじゃん!と思ったので再開することにしました。

 

夫は「全公開します」とか友人の誰それにこのブログを教える、とか

松居一代かよ?という謎の脅迫をしてきます。

 

再開したらきっとまた何か不気味なことを言ってくるでしょう。

 

でも、別にどうぞ、ということです。

 

別居している嫁の匿名ブログのリンクを実際の知り合いに送ったりしたら

夫が「やばい奴」と思われるだけだし。

 

そもそもブログって全公開だし、私は実名や個人を特定できる情報を

記載している訳でもないし、それに知り合いに見られて困ることは

もうないのです。

 

結婚当初は幸せに見られたいとかの見栄があったけど

ここまでの地獄を経験したらもうそんなことどうでも良くなった。

 

双方の親にももう私は言いたいこと全部言ったし

本音で本気で常に人と向き合っているので

これを知られたら困る、恥ずかしい、とかそんなものもうないのです。

 

家族は魂の修行の場だから、

日曜のテーマパークでは仲良し平和に見える家族も

日々色々なしんどいこと辛いこと争いがある。

 

誰にだってある。

 

もう、そういうの友達にも全部ぶっちゃけていい時代なんだと思う。

 

インスタとかでは日常のキレイキレイな部分だけ切り取って

キラキラして見せてもいいと思う。

 

一方でブログや掲示板ではドロドロの部分をさらけ出して。

 

天使と悪魔、白と黒、どっちも持っているのが人間だから。

 

どちらも否定せず、バランスを取るのが大事だよね。

 

 

ということで、またよろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

ブログ休止します

いつも訪問いただきましてありがとうございます。

 

こちらのブログ、私の思考を整理する場であり、

同じような立場で悩みを抱えておられる方々に

何かしら参考になったり共感できるところがあればいいなと

思って続けてまいりましたが、

 

どうやら別居中の夫がこのブログをチェックしていて

刺激してしまっているようなので、更新をしばらくストップ

しようと思います。

 

夫とは離婚するつもりです。

 

その手続きを進めるにあたり、ブログを覗くことによって

私の本心を知られるのも嫌なので、最低でも決着がつくまでは

ブログを公開するのは控えようと思います。

 

楽しみにしてくださっている方がおられましたら

本当に申し訳ありません。

 

しばらくは、自分だけが読める非公開記事を書いて

気持ちの整理だけはしていきたいと思っています。

 

いつか夫のことを気にせずに

好きなことを書ける日が来ることを願っていますが。

 

私の立場に共感してくださる方、

密かに応援してくださると嬉しいです。

 

ご挨拶まで。