家族のこころ

統合失調症の夫、母娘の闘い、子育て論。精神世界について得た学びや知識を共有したいです。

親子

撤退する勇気

私は大学時代、登山をやっていた。 「撤退する勇気」 登山をするときは、これをしっかりと心に 留めておく必要がある。 人は、始めたことを途中でやめたり 諦めたりすることは心が苦しくなるものだ。 だけど、進んだ方が危ないということがある。 「せっかく…

近くの身内より遠くの他人

それから私は結婚生活への未練をきっぱり捨て 縁切り寺へ行き、以前法テラスで相談をしていた 弁護士さんに正式に離婚協議の依頼をした。 離婚の話をするというのは想像以上に辛いものでした。 離婚は人生トップ2の辛いことだと 精神科の待合室に書いてあり…

『精神病は病気ではない』という本を読んで一瞬望みを持った話

夫とのメールでの話し合いも平行線で もう離婚しか仕方ない・・・。 そう思って落ち込んでいたある日 朝刊の書籍紹介欄である本が目にとまりました。 精神病は病気ではない - 精神科医が見放した患者が完治している驚異の記録 私たちが離婚するのは夫が統合…

親との確執を解決しておかないと解消されていない怒りは配偶者や子どもに向いてしまう

毒親からの完全解放 こちらの本に自分の親が毒親かどうか見極める方法が 書いてあります。 一言で言うと、 「あなたが親とは違う自分の意見を言った時に 真剣に聞いて受け入れてくれるかどうか」 親と違う意見、価値観のことを言った時に 逃げたり、有無を言…

勇気を持って「親が悪い」と言おう!精神病を作ったのも治せるのも親だから。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます! 更新の期間がだいぶ空いてしまいました。 書きたいことはたくさんあったのですが このブログは夫が見ていると思うと、どうしてもストッパーが かかってしまい、公開できずにいました。 本当は2017年いっぱ…

執着が人を苦しめる

離婚問題が起きてから、夫と母が似ていることに気がついた。 夫と母は対立しているが、それは私という人間への執着によるものだ。 僧侶は人間の欲望の一つであるこの”執着心”を取り払う修行をする。 執着心は自分も相手も苦しめる。 執着は誰も幸せにしない…

別居中の夫がとうとう実家を訪ねてきた!

連休初日、半年会っていない夫が突然実家に訪ねてきた。 夫も何度も来て滞在したことのある、住所も知っている実家だから いつ来てもおかしくないとは思っていた。 その日の朝、夫から 「一応伺いますのでよろしくね〜。」とメールが来ていて、 わ!うち来る…

自分軸で生きることが結局家族の幸せになる。

前回の記事の補足。 私が他人軸で生きていたことについて 複数の人に言われてから自分の半生を振り返って 掘り下げてみた。それが始まったのは多分、妹が生まれて以降。 妹は1歳半しか違わないからたぶん、2歳の頃にはもう 始まっていたんだと思う。 妹が好…

家族は金と権力である

家族のゆくえは金しだい この本、家族問題を扱った本を多く読んできた 私の、今のところの一番のヒットだ。 こんなにも小気味好く、多くの偽善的な人々がうっすら 分かりながらも口に出せないでいることをスパッと、 しかもきっちり根拠も出して言い切ってく…