読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族のこころ

統合失調症の夫、母娘の闘い、子育て論。精神世界について得た学びや知識を共有したいです。

人を非難するとその人に主導権を渡すことになる

人を非難すると、その相手に自分のエネルギーを渡すことになる。怒りのエネルギーというのはすさまじく大きく、その大きな自分のエネルギーがその相手に渡ってしまい、結果的にその人に二人の人間関係の主導権を渡すことになってしまうらしい。よって自分の…

ドリーン・バーチュー2016年は「何があっても心の平安を保つこと」

夫と知り合った頃、夫との共通の友人に教えてもらった『オラクルカード』オラクルカードとは、天使や女神からのメッセージをカードを通して受け取るものだ。日本では、こちらの会社でカードやリーディングの講座などを紹介している。↓ライトワークス中でも有…

睡眠薬の怖さ

夫は向精神薬のリスパダールを断薬したが今も睡眠薬には強く依存している。というより、今までより睡眠薬の服用量が増えている。心の病に薬はいらない? の記事でも書いた通り、向精神薬を抜く場合、最後まで残るのが睡眠薬であり、統合失調症の薬のように、…

統合失調症の夫と暮らす妻へのカウンセリング

「統合失調症の夫と暮らす妻へのカウンセリング」というのをアメブロで見つけて、受けた。対面カウンセリングもあるけど、私は会いに行けない所に住んでいるので、メールカウンセリングにした。1か月2万円で、チャットワークを使ってやる。カウンセラーの藤…

統合失調症と陰謀論

統合失調症の人と一緒にいる方、思ったことありませんか?陰謀論系、好きだなあって。うちの夫も、大好きです。統失を発症した人が言うことって、「監視されている」「頭を遠隔でいじられた」「人工知能の実験台にされている」そういう内容ですよね?これっ…

向精神薬を断薬してからの変化

夫が向精神薬をやめて、2か月が過ぎた。薬をやめたら、幻聴が聞こえなくなったそうだ。それに、性欲が旺盛になった。妊娠前、私が誘っても、しんどいとか気が乗らないとかでたいてい断わられて、女性として私はけっこう傷ついたりしていたのに、あの頃は暇…

ハンガーストライキ

ここ数日、ちょっと食べるようになってきてたけどまた食べなくなった。きっかけは、私が晩御飯作らなかったこと。私、料理はそんなに好きじゃない。そんな暇あったら他にしたいことある。夫と喧嘩した時、ムカついている時、元気がない時、余裕がない時、私…

知的・精神障害者の家族の思い

障害者施設で世界を震撼させる事件が起きた。海外でもニュースになったと聞いて、久しぶりにテレビのニュースを見た。犯人の主張を聞いて、なんだか考えさせられた。障害者は家族に苦しみしか与えない。障害者は世の名に不幸しか与えない。彼はそう言ってい…

夫婦の役割分担表、時間割を作る

夫が朝起きた瞬間から夜寝る瞬間まで、ずーっと自分の話を私に聞かせてくる。自分の仕事のこと、メルマガのネタ、FBの友達の話、思いついたこと、自分の容姿について、などなど・・・・私が子供に離乳食をあげている時も、洗濯機に洗濯物を入れている時も…

ハイヤーセルフは身近な人を通してあなたに大事なことを伝えている

シータヒーリングでは、いつも創造主やハイヤーセルフ(高次元にいる自分)からのメッセージがヒーラーさんを媒体として伝えられるのだが夫のシータヒーリングが終わった後、彼が「ハイヤーセルフがこう言っているんだって」と私に報告してくる内容を聞くた…

食べない夫

夫は極端な人だ。1か100か彼に、50という選択肢はない。糖質制限をしていた時、彼はお米を1粒も口にしなかった。それで3ヶ月で8kgくらい痩せた。1年半経って糖質制限をやめた途端、白いご飯を人の2倍食べるようになった。体重も、完全にリバウンドした。一…

夫に用事を頼む時の言い方

日頃よく、夫に家事を頼む時などになにゆえ1から10まで言わなきゃわかんないんだろう、とイラつくことがよくある。例えば「洗濯物干しておいてくれる?」もし相手が母親や妹なら、その一言だけで完璧にできるのだが相手が夫であればそれでは言葉が足りない。…

同期する

夫は、あらゆるところで私に同期する。つまり、夫にはその時の私と同じ現象が起きる。私がトイレに行くと、夫もトイレに行く。私がリビングを出ると、夫も出る。私が昼寝すると、夫も昼寝する。驚いたのは、妊娠で私は最終的に10kg太った。なんと夫もちょ…

心の病に薬はいらない?

心の病に薬はいらない! [Kindle版]内海聡かんき出版2014-04-25医療の常識に真っ向から立ち向かい、国民に真実を伝える活動をされている、内海先生の本。ちょうど今、夫が向精神薬を断薬しているのでこの本を読む必要があると思い、読んだ。夫がリスパダール…

夫が統合失調なのに子供を持つ決心をした理由

夫は、私と出会うずっと前から統合失調だった。そのことを付き合ってすぐに聞かされたけど、それでも結婚したかったから、結婚した。統合失調については、何も知らず調べもせず、外で時々会う限りでは病気のような印象は受けなかったから控えめで優しくて、…

ただ普通の日常を。

精神疾患患者が家族にいると、家族はただ普通の日常を送ることが、できなくなってしまう。”普通”を手に入れるのが、実は一番難しいんだよ。と、どこかで聞いたことがある。みんな、”普通”を求めて必死にがんばっている。でも、”普通”って何だろう?母が求め…

生きているだけで存在価値があることを認める

私の母はことわざを日常的に使う人なので、私もいつしかそうなった。「這えば立て立てば歩めの親心」子供が這うようになれば早く立て、と思い立つようになれば早く歩け、と願う。親はいつも子供の成長を願っているものだ、という意味。このことわざ、親から…

ただ夫を信じることの難しさ

夫は、あまりにも世間一般の考え方からかけ離れているのでこの人と一緒にいると、私は何を信じたらいいのか、ほんとに分からなくなる。私の中の常識は、ほとんどが親からの洗脳ではあるけれどおそらく現在の大多数の人の常識とそんなに違わないと思っている…

後追いしてくる夫

赤ちゃんが、ハイハイできるようになると母親の後を追ってくるようになることを、「後追い」と言うらしい。娘はまだハイハイしないのでそれはないが、家の場合、夫が後追いしてくる。常に私とおしゃべりしていたい彼はリビングにいた私が各用事で動くとそれ…

地球は行動の星だからね。

あれこれ情報商材にお金を払ってあとは言われたことをやるだけ!という状態の現在の夫。成功者はみな、手書きで目標を紙に書いている。手書きで書いたものを毎日眺める。そうすると脳にインプットされるので行動がその目標に自然と向かうようになり、それは…

夫がよく分からないビジネスを始めたいと言う。その時妻は。

最近の夫は、自己投資に余念がない。長年自分でお金を稼いでこなかった夫が、”お金を稼ぐ”ことに本気になってくれたのは喜ばしいことだが何事も極端な彼は、やるからには短期間でドカンと大きく稼ぎたい!らしく、怪しげな情報商材の、「誰でも最短で楽に○○…

逆の人

夫の行動は、逆じゃない?ということが多い。例えば、お風呂に入るときは浴室のドアを開けて、上がったら閉めて出る。いや、入ってる時閉めて、出たら乾燥させるために開けるでしょ! 待って、と言えば動くし行って、と言えば止まる。強盗犯だったら撃たれる…

悩んでいることの、最悪は何ですか?

昨日、半年ぶりにシータヒーリングを受けた。里帰り出産で両親に本音をぶちまけて以来、私の中に深い悲しみが居座り、別れの時の重い、淋しい空気がいまだに私の体を覆って苦しかったから。両親とのことで傷ついた魂を癒し、親から受け取っている不要なエネ…

申し込みたい病

夫は、申し込みたい病だ。また、「病」とかつけたらすぐ人のこと病気扱いすると言って怒るけど。じゃあ、癖、かな?検定試験、講座、学校、何でもお金を払って申し込むのが大好き。ただ、申し込んだ時点がやる気がピーク。そこから、勉強しない。当日、行か…

夫が在宅ワーカーの場合の問題点とその解消法

最近は、「ノマド」とかいって、場所に囚われない働き方をする人が増えて来た。今やパソコンやタブレット1つで、ネット環境さえあれば世界のどこでも仕事ができる時代。我が家も、「ノマド」という言葉は知らなかったが、自然とそうなっていた。この働き方は…

夫の怒りの理由

夫は、最近怒っている、と自分で毎日のように言う。なんか、怒っている。怒りっぽくなっている。結局、お金を自分で稼がなくてはいけない状況にとうとうなったのがムカつくみたいだ。彼が望んで、嫁をもらった。彼が望んで、子供を授かった。彼が望んで、親…

親を大事にしろ、の本当の意味

「親を大事にしろ」は、よく言われることだ。しかし世の中にはいろんな親がいて、子供の側からすればなんでこんな親大事にしなきゃならないんだよ!と思う場合もあるだろう。里帰り出産時の両親とのあれこれをこうしてブログに書きながら思い出して整理して…

神様に愛される人、愛されない人

夫は、神様に愛されている。青森の神様、まばゆい巨大な神棚を背にして木村藤子さんははっきりおっしゃった。「神様はあなたみたいな人、大好きよ。」夫の魂は、すごく純粋で透明で、神様が抱きしめたくなるくらいらしい。木村藤子さんにしても、岐阜の気功…

愛か感謝か

今朝、夫はついにカーテンを開けた!半分だけ。。。でも起きたらリビングに明るい日差しが入っていて、気持ちよかった。ゆうべ寝る前に、夫に愛情と感謝の違いについて話したからかもしれない。夫は、感謝も愛情のうちだと思っているけれど、私は思う。感謝…

長典男氏のセッション 私の場合・母のことについて

長氏の個人セッションは、夫婦二人同時に行い、夫の話が終わった後で私も相談した。母とのことについて。 最初に、「私は(夫と比較して)愛情たっぷりに育ててもらったと思うんですけど、なんか思春期ごろから母が私に意地悪な気がするんです・・・・」長氏…

長典男氏のセッション 統合失調症の幻聴妄想は本当に幻聴妄想なのか?

ずいぶん時間が経ってしまったけれど、去年の9月に長典男氏のセッションを夫婦で受けた。→長典男氏 個人セッション長典男氏は元裏高野の僧侶で、アカシックレコードにアクセスできる人。八ヶ岳で個人セッションを受けることができる。日本帰国の際に、夫が長…

メッキ家族

授乳中は、ぼーっとしているので考え事をする。ここ数日、”私の結婚生活ってメッキなんじゃないかな・・・”という思いが何度もやってくる。友達や知り合いには、もちろん夫の病気のことは話してなくて、家で仕事してる。と言っている。海外に住んで、二人と…

里帰り出産の理想と現実~お別れの日~

重い空気のまま、両親とのお別れの日が来た。赤ちゃんがいるからということで、父の運転で空港まで送ってもらうことになっていた。車中、私と夫は後部座席でけっこう話していたけれど両親は口数少なかった。空港に着いて、父も母も、私や夫とはあまり目を合…

薬とたばこ

夫はヘビースモーカーだ。精神病患者の多くが喫煙者だそうで、精神病棟の喫煙所はにぎわっている、と夫が言っていた。たばこが脳に与える影響と精神疾患が関係があるのかは知らないけれど、とにかく、何かそういうものに依存していないと自分を保てないらし…

子育てにおける夫の役割

以前、「男に育休なんかいらない」という記事を書いたけれど、そうはいっても、男性が得意なこともある。うちの夫は、子供を笑わせるのが上手だ。自分自身、子供のような純粋な魂をもっているので、子供と遊ぶ天才だと思う。5ヶ月の娘は、夫の顔を見ただけ…

夜中の夫のインナーチャイルド

最近、夫は夜中に鼻歌を歌う。だいたい、娘のプレイジムの曲。本人は眠っているが、顔を見ると楽しそうにニコニコしている。楽しそうだから、いいんだけれども、せっかく娘が朝まで続けて寝てくれるようになったのに、私は夫の突然始まる鼻歌で起こされる・…

子の心親知らず

親の心子知らずということわざがあるが、正しくは子の心親知らず、ではないだろうか。娘には私と同じ思いをさせたくないので、私はできる限り子供の気持ちを知る努力をしようと思う。そこでこんな本を買ってみた。 トレイシー・ホッグの赤ちゃん語がわかる子…

里帰り出産の理想と現実~父の介入~

母が泣いて、激しい言い合いになった日の翌日は土曜で、私達夫婦は、最後に父にラーメンを食べに連れて行ってもらうことにしていた。その日の朝、母は私に、「昨日のこと、お父さんにちょっと言ったんや。そしたら確かにおまえの顔怖いで。あんまり笑顔がな…

里帰り出産の理想と現実~母の限界~

私達は、日本滞在の最後の1か月を、また実家で過ごすことにした。しかし、平穏無事に、いくわけもなかった。私は元々、ただただ、両親と夫が赤ちゃんを囲んでニコニコ笑い、私をねぎらってくれるというシーンだけを想像して実家に帰ってきたのだけれど、現…

母の日

もうすぐ母の日だ。こんなにも、母と魂をすり減らす言い合いをして何度もボロボロに傷ついても私は、母の日をスルーすることができないでいる。お母さんに、愛されたい。お母さんに、認められたい。お母さんに、感謝を伝えたい。お母さんに、笑ってほしい。…

里帰り出産の理想と現実~日本出国を決める~

実家に戻るために、アパートの荷物を片づけている時夫は、「隣若いカップルじゃなかったね。おばさん2人だった。」夢から覚めたかのように自分が聞いた若いカップルの声は、存在していなかったことを認識した。もうここを離れることを決めたから意識が正常…

里帰り出産の理想と現実~結局また実家へ~

アパートで夫が暴れること3回。私のプチ家出1回。3度目に夫が暴れた時は、私は娘と実家に避難して夫には、どこかに行ってきてくれ、とお願いした。その時の様子は旧ブログ→新婚生活は妄想との闘いたったの2泊、近くのホテルでやり過ごして戻ってきた夫は…

カーテンを開けない

夫は、カーテンを開けない。昼間でも、閉め切ったままだ。リビングなど、私もいる部屋は私が開ける。夫は、いつも隣や向かいの建物の住人の視線を気にしている。それが例え、望遠鏡で覗かないと人の姿が見えないような距離であっても。 私が開け放っていると…

里帰り出産の理想と現実~夫の限界~

アパートに戻って1か月が過ぎ、母に「もうそろそろ自分で食事の用意できるんじゃない?」と言われしぶしぶやることにした。育児にも少し慣れ、特にトラブルもなく私の体も順調に回復していたので少しづつ家事をする余裕が出てきていた。今までは全く余裕が…

里帰り出産の理想と現実~実家を出てから~

実家を出てすぐ、母は、「晩御飯しばらく毎日作って持って行ってあげるわ。お母さんの、せめての罪滅ぼし。」と申し出た。私達が出て行った後、母はやはりショックで、恐らくこのままでは孫にも会えないと思ったのだろう。晩御飯を作って持っていくことを思…

里帰り出産の理想と現実~実家を去ることを告げた日2~

私が両親に話している途中で夫も入って来た。しかし彼は、余計なことを言った。この家を出たいと言っているのが自分だけだと思われるのが嫌だから、私も同じ気持ちなんだと思わせるために、私が彼に話していた、私と母の昔の話をした。お義母さんとリリちゃ…

里帰り出産の理想と現実~実家を去ることを伝えた日~

夫は、思い立ったらすぐ行動しないといられない性質だ。もう今からタクシーでもいいから行こうよ。とか言われてちょっと待って。親にちゃんと話さないとあまりにも失礼やんか。と言うと、じゃあすぐ話してきて。俺まじ無理だから。と言われ、悲しい気持ちい…

夢の話

最近、このテーマの記事をずっと書いてるせいだろうか今朝、とても嫌な夢をみた。母と一緒にどこかの食堂に来ていて、私が財布を忘れたから母に「財布忘れたからここ立て替えてもらっていい?」と言ったら母が、「知らん。あんたに出すお金なんかない。」と…

男の育休なんかいらない

最近、自称「イクメン」が急増して内心ムカついている奥様が多いみたいです。本当に役に立っている「イクメン」って一体どれくらいいるのでしょう?某議員さんが議員で初めて育休取るって言って浮気して「全休」になりましたね。男なんてそんなもんよ。って…

里帰り出産の理想と現実~実家~

病院から、母の車で実家へ向かった。退院の日、母は夫を連れて来たけれど、病院の中へは入って来ず、車の中で待っていたのが、すごく不自然だった。私は母を拒絶していた。入院中、必要最低限しか来ないで。赤ちゃん菌にさらしたくないから。と母をばい菌扱…