読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族のこころ

統合失調症の夫、母娘の闘い、子育て論。精神世界について得た学びや知識を共有したいです。

ライブドアからのお引越し&実家に帰ります

〈9月7日のライブドアブログ記事より〉

ライブドアブログで約5ヶ月運営してきましたが、このたびはてなブログに 引っ越してきました。 このブログのようなオピニオン系ははてなの方が受け入れられる、というのと デザインがシンプルで気に入ったからです。

過去記事は丸ごとはてなに移行しております。 

今後とも統合失調症の配偶者として、母親との関係に苦悩する娘として パートナーとの関係に悩む妻として、子育てに奮闘するママとして、 同じような苦しみをもっている方々と ネット越しに気持ちや知識、知恵を共有していきたいと思っております。

精神障害のある人と向き合うことは、想像を絶する苦しみがあります。

きっと、当事者にしか分からないことだと思います。 すべてを投げ出したくなることも度々ありますが、それでも何とか 前を向いて、人生をあきらめずに、後悔だけする人生にならないように 今日より明日を少しでもよくするため、あらゆる角度からアプローチして いろいろなヒーラー、カウンセラー、医師に気持ちを聞いてもらって 1人で抱え込んで人生を終わらせたくなってしまうことのないように 日々、精進してゆく所存です。

統失の奥様をお持ちで、家族の苦しみを本にして出版された方が 読者からの相談に答える形でこう述べられていました。

「あなたには何万人という会うことのない仲間がいることを忘れないでください。 仲間とは、統合失調症患者の家族のことです。」 

 


統合失調症 愛と憎しみの向こう側

 

なんだか救われました。 最近特に、孤独、孤立を感じていたからです。

統失患者は100人に1人と言われているから 日本人だけでも100万人、その家族は最低4人くらいはいると すれば400万人。 親だったり子だったり兄弟だったり、立場は違うかもしれませんが 同じ苦しみを持つ仲間がこんなにもたくさんいるんだ!と。 私だけじゃない、と。

 

ゆうべ、平和にテレビを見ている時に 夫に突然「ずーっと死にたいと思ってる」と言われて 私は発狂しました。

私がテレビをみて普通に楽しくしていた時 娘がぐずりだしました。

それをみた夫は、「(むすめ)はお父ちゃんがずーっと死にたいと 思ってることすぐ分かるんだねえ。」と 娘を使って私に訴えてきました。

子供が生れてから夫は私に直接言うのが憚られることを 赤ちゃんである娘を使って私に訴えてきます。

娘が泣いたら 「お父ちゃんがへこんでいるの分かるんだねえ。」とか言って。

最近夫は昼間はましですが、夜になると必ずこのくらい 気分が落ち込みます。

私は、平和な日常をそんな一言でぶち壊されることが毎日 繰り返され、もうとっくに限界など超えていたので 昨日はカーッとなり、大声で「うわー!!!!!!!!!」と声の限りに叫び、 水の入ったペットボトルを力任せに投げ、地団駄を踏みながら 「もうこんな生活耐えられない!なんで毎日毎日死にたいとか 言われなきゃなんないの!」と叫びました。

パニックになった母をみて赤ちゃんの娘はぎゃん泣きし、 夫はただただ突っ立ってうなだれ ちょっとした修羅場でした。

まだ0歳の、健気な娘に怖い思いをさせてしまったこと 本当に申し訳なく思います。

ごめんね。ごめんね。 お母ちゃん取り乱しちゃってごめんね。 (むすめ)ちゃんは悪くないんだよ~。

少し落ち着いてからぎゅーっと抱っこしましたが 娘はしばらく泣いていました。

私はまわらない頭で思いつくままに 感情のままに夫を責めたて、 同じ空間にいたくないから今すぐ出て行って! ホテルにでも泊まってきて! と夜の9時でしたが、そんなことを言いました。

夫はとりあえず頭冷やしてくる、と言ってたばこを吸いに 外に出ようとしていましたが、私はたたみかけました。

たばこから戻ってきた夫にまた 「そんなに死にたいならほんとに死んじゃえばいいのにって思うよ! 殺してあげようか?睡眠薬大量に飲みなよ!」とも言いました。

夫はリビングのソファで、私と娘は寝室で なんとか眠りにつくことができましたが、翌朝 たばこから戻ってきた夫が 「廊下ででっかい花瓶が割れてたんだけど、割ったのリリちゃん?」 と聞いてきました。

違うけど、 私は本当に頭が熱くて、パニックだったので もしもそばに大きい花瓶があったら、夫の頭に向かって投げつけていた かもしれません。

毎日死にたい死にたいと言う夫の頭を 割ってあげよう、そんな地獄思考のその頭が悪いんだから 割ってあげよう。 そんな風に思う日が続いています。

先にあげた本のタイトル 『愛と憎しみの向こう側』 なんてぴったりな表現!

やはり当事者の気持ちは同じなんですね。

夫に対しては 愛情を持てる日と、憎しみでいっぱいになってしまう日が 繰り返されています。

私や娘にこんな苦しみを背負わせる夫が憎い。

家族がいて、住む家があって、仕事があって お金も時間もあって すべてもっているのに、死にたいなどと軽く言う夫が 憎い。

みんな必死に生きているのに、自分だけがしんどいみたいに 思っている夫が、憎い。

私の話は聞かず、自分のことばかり考えている夫が憎い。

子供が生まれてからわざわざガリガリになって力をなくし 頼りない父親でいることに甘んじている夫、元々精神的、社会的に 頼ることができないのに さらに力でも頼れない状態にして、何か不都合でも?というような 態度でいる夫、

子供に離乳食をあげている横で ひたすら自分の精神世界の話ばかりを私に聞かせ続ける夫

それなのに、外にはイクメンアピールまでして ”ぱぱ業に専念” って、は?

憎くて憎くて仕方ありません。

そんな日々が続いているので、明日実家に帰ります。

本来は夫と離れて頭を冷やし、私が休養するために 帰ることを決めたのですが、 夫が「行くとこがない、居場所がない。だから死にたい」 と訴えてくるので、とりあえず一緒に帰ることにしました。

どうなるか分からないけど このまま2人で生活していると、死人が出るような最悪の事態に なりそうな気がするから。

こんな精神状態でちゃんと子育てできないから。

ただ今は、夫や私の危険な衝動をとめてくれる、少なくとも 娘を保護してくれる大人がいる場所にいることが、最優先だと 思いました。

夫はやはり、向精神薬をやめて睡眠薬を増やしたことで 悪化したみたいです。

結婚当初と同じようなかんじです。

この5年、いつか普通の日常を送れるようになると信じて 精神療法に奔走してきましたが、ここにきて ちょっと戻ってしまった感があります。

怖いです。 夫以上に、精神が限界になっている自分が、怖いです。

子供がいることで、ここまで追い詰められてしまいました。

今はとりあえず、逃げます。