読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族のこころ

統合失調症の夫、母娘の闘い、子育て論。精神世界について得た学びや知識を共有したいです。

長典男氏のスカイプセッション サイキック(能力者)の苦しみ

夫は能力者の先生方から、

「あなたは精神の病気ではなく、サイキック(能力者)です。」

と言われたわけだけど、サイキックってその能力を自分で

コントロールし、自分の役割、使命に気づくまでがすごく

苦しいみたいだ。

 

今までお会いした能力者の方々、

青森の木村藤子先生、岐阜の気功の先生、長典男先生、みな

苦しい時期を乗り超えてこの仕事をするようになった、と

おっしゃった。

 

先生方がみな、クライアントに自分の身の上話をするとも思えない。

やはり夫が同じ能力者だから、励ますために使命に気づくまでの

自分のお話をしてくださるかもしれない。

 

夫は先日また長先生のスカイプセッションを受けた。

今苦しい状況にあることを伝えると、先生は守護神をみて

くださり、守護神(夫の場合は弁財天)守護霊ともに

「あなた今試されてるよ」と言っているんだそう。

 

私は父として夫として家庭を守れるのかお金を稼げるのか

そういうことかと一瞬思ったけど、そんなレベルの話ではなく、

”人間を超えた存在になれるかどうか”を試されているんだと‼

 

え?人間じゃなくなるの?

 

と聞いてしまったけれど、

まあ、超人、というか超能力者、というか。

いわゆる普通の人、ではない次元に上がれるかどうかのところに

今立たされているらしい・・・・

 

神様から与えられたスピリチュアルギフトを活かし、

自分のため世の為人の為に自信をもって生きていく前段階。

 

能力者って大変だなあ、と思った。

 

夫は1年前だったか、急な発熱で一時は40度近い熱が3日間出て

病院へ行っても異常なし、風邪でもない、感染症でもない。

それほどの高熱が出ているわりに歩けるしテレビみて笑ったり

赤い顔しながらも普通にしゃべってたし、何だこれ意味不明、

と思って岐阜の気功の先生に遠隔ヒーリングお願いしたら

一瞬で熱が下がった。

熱が出た時泊まっていたホテルでいらないものくっつけてきちゃったねえって。

 

それで思い出したのは大学時代の同級生。

その子は携帯電話を近づけるだけで電磁波にやられて

頭痛がする、木と対話できる、という子で

当時はちょっと変わった敏感な子だとしか思ってなかったけど、

その子も毎年決まって3日間、原因不明の40度の熱が出ると言っていた。

その子はあからさまに憑りついているものの姿が見えてしまうと

言っていたけど・・・(怖)

 

そして今回夫はなぜか食欲がなくなり、食べられなくなってしまって

4ヶ月ほどで20㎏も痩せた。

体は修行僧のようになった。

過去生で彼は高僧だったことがあると聞いていたので

またそっちにいくの?と私は冗談言ったりしていた。

子ども生まれたばっかなのに即身成仏とかしないでよ、と

からかっていた。

 

ガリガリになったわりにエネルギーはしっかりあって

仕事のこともすごい時間やっているし、移動もできる。

 

でも時々足がフラフラして青い顔になって

ぜーぜー息が上がっている時があるから

体がどこか悪いんじゃないかと思って、人間ドック受けるよう

勧めていた。

 

一応診てもらった結果、体に異常はなかった。

 

やっぱり、精神的なことだけなのか・・・・

 

今はだいぶ食べられるようになったのに、なぜか

体重が増えない。

産後ダイエットが進んでいない私からすれば

羨ましい気もするけれど、それにしても痩せすぎ。

 

ヨギーニ(本格的にヨガやっている人)に間違われたりもする

と言っていた(笑)

 

”普通の人”である私は、今まで引きこもりで無職でのんびりやっていたのが

急に親になり、仕事しなければいけなくなったプレッシャー、ストレス、

さらに赤ちゃんに付きっきりの嫁に冷たくされている淋しさから

そんな風になったものだとばかり思っていた。

 

普通の、産後クライシスだと思っていた。

 

だけど次元が違ったみたいだ。

 

変わった人、病的にも思える人、である夫が

はっきりと自分の力を認識し、コントロールし、

”能力者の先生”として人々を救うすごい人になれるかどうかと

いう、今転換期だということだった。

 

ほお~

 

私は彼が能力者として活動するならそれは大歓迎だ。

彼を訪ねてくる人々を妻としてもてなし、受付会計

宣伝など喜んでやりましょう!

 

統合失調患者、として欝々と引きこもっている夫は

いやいや支えてきたのだけれど、能力者として活動する夫なら

嬉嬉として全力で支えるつもりです。

 

この転換期には、あまりにもしんどくてその能力を封じ、

普通の人として生きることを選ぶ方もいるそう。

 

だけどもしもこの苦しみを乗り越えられたら

大きな人になれる。

 

夫婦で何度もヒーリングして頂いているシータヒーラーのナミさんも

いつだったか、自分は何の仕事をして生きていけばいいのかと聞いた夫に

創造主からのメッセージとして

「黙っていてもそのうち先生として教えを請いに人が集まってきますよ」

と伝えてくださった。

 

夫の魂は過去生も先生という立場が多かったそう。

弁財天も、弁舌、学問、芸の神様だし。

 

長先生がおっしゃったのも、夫にはメッセンジャーの役割があると

のことだった。

 

伝える人。

 

インプットが多すぎる彼は、30代半ばになったし、

そろそろ発信する側になる頃だ。

 

夫が無事にこの苦しい時期を乗り越えて

自分の能力を活かし、自信をもってこれから

生きていけるよう、改めて妻として支える気持ちになった。

 

今月中には再会する予定。

 

今まで電話でさえも毎回ケンカになっていたのが

ここ3日、ケンカしていない。

 

苦しみの時期も終わりが見えてきたかも・・・・!