家族のこころ

統合失調症の夫、母娘の闘い、子育て論。精神世界について得た学びや知識を共有したいです。

アスペと定型夫婦の場合は、一般的な夫婦仲修復カウンセリングを受けても根本解決しないのかも。

今週後半、夫とLINEで離婚話にまで進んでしまった。

 

先月夫婦仲修復カウンセラーゆっちさんの、

浮気もレスも解決! アラフォー妻のための 夫婦仲がすごく良くなるカウンセリング

を受け、

 

さらにこちらの本↓


「感謝」で思考は現実になる

 

も読んで、

やっぱり夫を褒めて感謝しないとこの状況はよくならない!と

思い、私のコップもカラカラで苦しいけれど、過去の優しかった夫の言動、

もらったものなどを全て一つ一つ思い出し、感謝して褒めることに決め、

 

本によれば30日で現実がガラッと変わるということなので

とりあえず30日間、別居のままでこれで頑張ってみよう、と決めた。

 

それで先週末から3日、毎日夫に朝起きてすぐ感謝のメッセージを送っていた。

「結婚してくれてありがとう」とか。

 

2日目で夫の返信に変化が見られた。

 

それまで敬語でビジネスライクな話しかしてこなかったのが、

タメ口になって最近の自分の様子の写真も送ってきてくれた。

私の親への感謝の言葉まで出てきた。

最近は私の親を批判する言葉ばかりだったのに、

 

お、これはいい感じだ♪と思った。

 

だけど4日目の朝、夫に頼まれていた仕事があったけれど

私は毎日休みなくパソコンに向かって自分の仕事に加えて夫に

頼まれる作業もやっていたので、もう目と肩が限界で、その日は午前中に

ちょっと温泉に行って疲れを癒そうと思っていた。

 

朝一で夫から「あの件お願いします」と連絡がきたけれど、

「もう目と肩が限界なのでちょっと温泉行ってきます。戻ったらやります。」と

連絡していた。

 

すると夫から

「目と肩が限界で温泉。」と反復した嫌味なメッセージが来ていたので

カチンと来てしまった。

 

だからつい、「私は自分の仕事に加えてあなたに頼まれた作業もやっています。

休んではいけないですか?」と返してしまった。

 

夫は「仕事するために実家。結局花見、温泉、寿司。やってること同じじゃね?」

と帰ってきた。

 

今まで仕事で生計を立てた経験のない夫にとって、

アスペルガーでなんでも極端に考える彼にとって、

仕事をする=食べない・寝ない・休まない

なのだった。

 

私は自分で言うのも何だが、仕事ができる方の人間だ。

 

今まで工場バイトから事務職やコールセンター、教師などの仕事をしてきたが、

どこでも残業せず効率よく仕事を終わらせ、なおかつ業績に貢献して受賞される

ような仕事ぶりだった。

 

私は気分転換、休み上手なのだ。

 

段取りを決めてやるべきことを順にこなし、取り掛かると早いけれども

合間合間に隣の人とおしゃべりしたり、お菓子を食べたり、こっそりフリーペーパーを

読んだりするような余裕も持っていた。

それでもだらだら残業して休まずやっているような人より、はるかに成績は

よかった。

 

学生の時からそうだ。

私は徹夜で勉強したことがない。

2時間程度の復習を毎日続けていたので、テスト前に急に徹夜しなければ

ならないようなことはなかった。

受験生の夏に歴史小説にはまって8巻読破したけれど、受けた大学には全部合格した。

 

学生時代はまさにコツコツ優等生型だった。

けれど決してガリ勉ではなかった。

 

効率よく仕事を進めるためには適度な息抜き、休憩が必要であることを

私は誰に教わったわけでもなく、子供の頃から自然とそうやっていたみたいだ。

 

対して夫は、休憩が下手だ。

ゼロか100なので、やるときは寝食忘れて集中する。

やらないときは充電が切れたように朦朧とする。

 

疲れも怒りも、無自覚に溜めて溜めて、どかーん!と爆発。

 

でも今の夫は、ひと時も休まずに仕事をすることが正しいと

思っているみたいだ。

仕事というのは、ご飯を食べたり買い物に行ったり、ドラマを見たり

寝たりすることと両立できないものだと思っているみたいだ。

 

それでは生活できない。

 

アスペルガーってここまで極端なのだろうか。

 

本人がそれをやるだけならまだしも、私にもそのスタイルを強要してくるから

それではやっていられない。

 

睡眠不足栄養不足の脳疲労状態で作業しても、パフォーマンス悪すぎて成果に

繋がらないのに。

 

2月にお会いした手相占いの方に、

「今は、生計を立てられていないということが喧嘩の原因になっているので、ご夫婦や父親母親というよりも、仕事仲間として割り切って稼ぐことに集中された方が、うまくいくと思いますね。」

 

そう言われて、仕事仲間としてやろうとしてみたが、

仕事のやり方に関してもこんな感じで合わないので喧嘩になり、

仲良しラブラブ夫婦だったのが急に敬語でビジネスライクな話しか

しない関係になったことで傷つくし、このやり方もどうにもうまくいかないの

だった。

 

さらに夫は私に自分の仕事を頼んでくる時、ものすごく偉そうで

「あれどうなってんの?遅い」とかいう感じなので

自分がやるべきこと人に投げておいてなにその言い方!と腹が立ってしまい、

その辺の言い合いから離婚話にまで進んでしまった。

 

私に仕事の一部をやらせておきながら夫のギャンブルは相変わらず続いていて

まだ前のギャンブルで負けた支払いも終わっていないのに、2日で70万とか

使ってしまったのをみて、絶望的な気持ちになった。

 

 

「愛と感謝の世界に行こう」と決めて

実践しかかっていたのに、ちょっとした一言でまた谷に落ちた。

 

今の状況では夫に感謝し褒める、ということを続けるのが

とても苦しく、私の中に夫への怒りもあるので修復しようとする気持ちも

夫のちょっとしたことですぐに折れてしまう。

 

今まで芙蓉さんやゆっちさんの夫婦仲修復カウンセリングを受けて

良妻賢母になるべく私から変わるしかないのだ、と頭では分かったけれど、

どうにも心がGOサインを出さない。

 

うちの場合は、一般的な夫婦の産後あるあるだけでは括れない、

発達と精神の障害の関係もある。

 

発達障害と精神病を持った夫にだってそもそもの原因がある。

今までそれに向き合って懸命にやってきたのに、という思いがある。

発達障害は先天性で統合失調は養育環境から発症したものなのに、

なぜ成人してから出会った私が誰よりも責められなくてはならないのだろう、

と納得いかない気持ちもある。

 

発達障害にもお詳しい、

不登校カウンセリング:2週間で解決した方法とは?

の山根貴子さんのカウンセリングを予約した。

 

一般的な夫婦仲修復カウンセラーの言葉ではどうにも

光を見出せなかった私に、希望の光を見せてくれることを期待している。