家族のこころ

統合失調症の夫、母娘の闘い、子育て論。精神世界について得た学びや知識を共有したいです。

勇気を持って「親が悪い」と言おう!精神病を作ったのも治せるのも親だから。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます!

 

更新の期間がだいぶ空いてしまいました。

 

書きたいことはたくさんあったのですが

このブログは夫が見ていると思うと、どうしてもストッパーが

かかってしまい、公開できずにいました。

 

本当は2017年いっぱいでこのブログを終わりにしようか、と考えても

いたのですが、師走はバタバタしている間に、年を越してしまいました。

 

12月初旬に第一回離婚調停がありました。

夫が実家に突撃訪問して来てから約1ヶ月。

 

夫からは3度郵便物が来た以外は一切連絡がなく

裁判所からの通知にも返信がなかったとのことで

調停に来るかどうかもわからない状態でした。

 

調停を前にして連絡を絶っているのに

このブログに私の気持ちや状況をつらつらと書いて

夫に見られるのは避けたいと思っていたため

書けませんでした。

 

でも、夫は調停に現れませんでした。

 

このままフェイドアウトした方が夫を刺激しないでいいのかなとは

思いますが、最初から読んでくださっている読者さんには

「この人どうなったんだろう?」という気持ち悪さが残ってしまうと

思うので、けじめとして最後にいくつか記事を書こうと思いました。

 

今後どうするかはやはりこのブログに書くことは

控えさせていただき、こちらのブログは

統合失調症」というワードで来られる方が多いはずだし

もともと「配偶者、家族が統合失調症である方」に向けて

書き始めたものなので

 

最後に私の知る統合失調症関連のことを

書いて、このブログを閉じたいと思います。

 

アクセスも結構あり、読者さんも付いているので

大変残念なのですが、状況が状況なので仕方ありません。

 

多くの方に読んでいただき、

同じような悩み苦しみを抱えていらっしゃる顔の見えない方々の

存在をパソコンの向こうに感じるだけで

随分と救われました。

 

夫に黙って始めたこのブログですが、なぜか早々に見つかり

あれこれ言われました。

 

確かに自分のことを勝手に書かれて公開されてるのは

特にこの病気の人は監視、盗聴を恐れているので

嫌なものなのかもしれません。

 

ただ、一緒にいる私には

どうしても、気持ちの吐き出し口、整理する場が必要でした。

 

書くことが好きな私にとってはブログという場が最適でした。

 

夫には最後まで

「私にも気持ちを吐き出す場所が必要である」ことは

理解してもらえませんでした。

 

もし夫にそれを受け入れる余裕があったなら

私たちはもう少し長く一緒にいられたかもしれません。

 

まだ統合失調症に関係する知っていることで

書いていないことがあるので

それを書いてから終わりにしようと思います。

 

願わくばこの先の人生で、もう統合失調症と関わりたくないと

思います。

 

いろいろな精神病がありますが

特別にしんどくて、危険で、厄介な病気だと思います。

 

そして5年間、真っ正面から真剣に向き合ってみた

経験者として、はっきり言えることがあります。

 

統合失調症を治せるのは、親だけです。

 

私なら彼を癒せるんじゃないかと傲慢にも考えていた

私ですが、できませんでした。

 

親です。

すべては親です。

 

他の家族には、子どもにも配偶者にも兄弟にも

まして恋人や友人に、この病気の苦しみを分かち合って背負う

必要は一切ないと思います。

 

一緒にいる人が、巻き込まれてしまう病気です。

危ない目に遭う危険のある病気です。

 

その危険を背負うべきは、親だけです。

 

もしお子さんがこの病気なら

どうか目を背けず、逃げずに

自分たちが作ってきた養育環境、子への接し方に

反省すべき点はなかったか、真摯に振り返ってください。

 

何歳であっても、子が精神病と診断された時に

親が無関係ということはありえないのです。

 

たとえ仕事が原因と思われても

その土台にある心を作ったのは親です。

 

統合失調症の場合、幼少期からの積み重ねが大きいらしいです。

 

目を背けて、否定して

後から出会った配偶者や他人に丸投げしないでください。

 

必死に本を読んで、全国のカウンセラーやヒーラーさんに

会いに行って、子供の話を聞いて、

自己弁護ばかりせずに、子どもの気持ちに寄り添って

反省してください。

 

「そんなつもりはなかった」けど、傷ついてしまった

子の心の傷を癒すためにお金を遣ってください。

 

早ければ早いほどいい。

 

5年間自分の魂をえぐりながら学んできたことは

統合失調症の本人にも、罪はないということ。

 

親です。

 

傷つけたのが親なら癒せるのも親です。

 

親が変わる必要があるんです。

 

もしも親が謙虚になって少しでも変わったなら

子どもの精神状態も少しづつ、でも確かに

変わっていくのだと思います。

 

私がこう断言するのには、多くの書籍と世界中でお会いしてきた

能力者、医師、カウンセラー、ヒーラーといった専門家の方々の

言葉にあります。

 

何千人何万人といった家族の悩みや病気の相談を受け

お金をもらってプロとして生きていらっしゃる

知識と洞察力、経験、そして何より神からそういった仕事を

するよう使命を受けている方々の言葉です。

 

それと自分自身の体験、夫と毎日一緒にいて日々感じること

わかったこと、それらが結びついてこの結論になりました。

 

「親」

 

最近までこの日本には長い間

 

「親を悪く言ってはいけない

「いい年をして何でも親のせいにするな」

 

そんな風潮がありました。

 

でもここ数年、「毒親」という言葉が生まれ

親のことで苦しんできた人たちが声を上げるようになり

 

ひょっとして親が原因??

親のせいだったの?

 

そう気づく人がものすごく増えてきました。

 

夫の親はネグレクトとDVタイプの毒親

私の親は過干渉タイプです。

 

2人とも結婚当初は親が悪いとは明確には気づいていませんでした。

 

夫は統合失調症、私は19歳から5年間摂食障害でした。

だから「親といるとしんどい」というのは2人ともあって

だからこそ外国に住んでいたんだと思います。

 

親から物理的距離を取って自分を守るために。

 

でも、最近読んだ毒親カウンセラーさんの本にもはっきり書いてありました。

 

「親と直接対決せずにただ物理的距離を取っても意味はない。

余計に苦しくなるだけ。」

 

私たちは親に甘えた気持ちを残したまま

親孝行したいと言う思いも人一倍強く持ったまま

ただ物理的距離だけを取っていました。

 

気持ちだけでなく、実際に夫は生活費の全てを親からもらっていたし

私は何かあるたびにすぐに実家に帰ってお母さんに何もかも

喋って気持ちを分かってもらおう、褒めてもらおうとしていました。

 

自立していないくせに父の日母の日には贈り物を欠かさず

結婚も、子供を産むことも、新しい仕事のことも

「今度こそ親に一人前と認めてもらいたい」

「親孝行できる人間だと喜んでもらいたい」

 

そんな気持ちがとても強かったと思います。

 

はっきり言って私たちは2人とも

愛着障害、不適切な養育を受けたために心が大人に

なれなかった、アダルトチルドレンです。

 

過干渉タイプの毒親は他のタイプに比べて

子ども本人も自分の親が間違っていると気づくのが

非常に難しいです。

 

私の洗脳を解くきっかけになったのは

このブログで度々ご紹介させていただいている

長典男先生のセッションでした。

 

私は夫の付き添いのつもりで入り

ついでの感じで聞いてみたのです。

 

先に夫が相談し、先生にはっきりと

「あなたは愛情不足です。親から愛情をもらってないから

愛情が何かが分かっていない」

そう言われた後でした。

 

「私は親に愛情たっぷりに育ててもらったと思うんですが、

母がなんか私に意地悪なような気がするんですけど

どうしてなのでしょうか?」

 

当時38歳で妊娠9ヶ月でした。

 

その時はまだ

「私は親に愛情たっぷりに育ててもらった」

本気でそう信じ込んでいました。

 

でも長先生は穏やかな顔で、しかしはっきりと

おっしゃいました。

 

「あなたも愛情不足ですよ。」

 

え?

 

「親がくれた愛情があなたが欲しい形のものでは

なかったと言うこと。あなたの親はあなたのことを

ペットとしか思っていない。」

 

ペット・・・

 

驚いたけれど、納得もしました。

 

ここでは私のことはこのぐらいにしておきます。

このセッションのお話はこちらに詳しく書いてありますので

ご興味ある方はこちらへ→

長典男氏のセッション 私の場合・母のことについて - 家族のこころ

 

言いたいのはつまり

精神病の発症、人間関係がうまくできない、仕事ができない

恋愛や結婚がうまくいかない、子育てで悩んでいる

 

そういう人生の悩み苦しみのほとんどは

親に適切な愛情をかけてもらえなかったことが原因

になっているということです。

 

まして大人になってから

親といるとしんどい、会うたびに傷つく、

なぜか自立できない、親に早くいなくなって欲しいとか考えてしまう

 

そういうことがあれば、確実にあなたの親は毒親です。

 

 (長いので次の記事へ続きます)