読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族のこころ

統合失調症の夫、母娘の闘い、子育て論。精神世界について得た学びや知識を共有したいです。

カーテンを開けない

夫は、カーテンを開けない。

昼間でも、閉め切ったままだ。

リビングなど、私もいる部屋は私が開ける。

夫は、いつも隣や向かいの建物の住人の視線を
気にしている。

それが例え、望遠鏡で覗かないと人の姿が
見えないような距離であっても。 

私が開け放っていると、
よくそんな部屋で着替えたりできるね!
見られるよ。と言う。

私は、わざわざ誰も見てないよ!と言う。

話しかければ聞こえる距離に向かいのビルが接近しているなら
まだしも、まるで望遠鏡ででも誰かがこちらを覗いているかの
ように言う彼は、やはりまだ被害妄想が取れていないんだなあ、と
思う。

朝、いつも夫の方が先に起きている。

どんなに天気のいい日でも
彼はカーテンを開けない。

彼の中に、まだ、光を恐れる悪魔が住み着いている。

何度も、いろいろな能力者の方に追い払ってもらったのに。
しつこいな。

夫が自分からカーテンを開けて、明るい部屋にいる姿を
見たら、私は、もう大丈夫だと思えるだろう。