家族のこころ

統合失調症の夫、母娘の闘い、子育て論。精神世界について得た学びや知識を共有したいです。

ドリーン・バーチュー2016年は「何があっても心の平安を保つこと」

夫と知り合った頃、夫との共通の友人に教えてもらった
『オラクルカード』

オラクルカードとは、天使や女神からのメッセージをカードを
通して受け取るものだ。

日本では、こちらの会社でカードやリーディングの講座などを
紹介している。↓

ライトワークス

中でも有名なドリーン・バーチューさんのカードリーディングが
好きで、カードも複数持っているし、夫と知り合った当初は毎日
リーディングしていた。その当時は結婚についての質問ばかり。
結婚後は、夫婦のこと、夫のことについて、これからのことに
ついて、ほぼ毎日質問して、天使に励まされてきた。

オラクルカードはタロットカードと似ているけれど
タロットのように怖い絵柄や辛辣なメッセージはなく、
温かい、優しい明るい絵柄とメッセージばかりになっている。

かといっていつもすべてうまくいく、OKだよ!というメッセージばかり
ではなく、「今は決断せず待つ時です」とか「その状況から離れて下さい」
とか優しいけれどはっきりと、忠告してくれる。

2年前にカードリーディングのオンライン講座を受講して
カードリーダーの資格を取った。

それくらいはまっていたのに、出産後、忙しくて自分の心と向き合う余裕が
全くなくなり、最近は全くリーディングしていなかった。

するとやはり気持ちがネガティブな方に傾いてしまい、
昨日など「毎日が地獄だ」まで思ってしまって
どうした自分。こんなこと思う人じゃなかったよね?と思い

今朝、夫に怒り不満をぶつける代わりに
久しぶりにドリーンさんのカードリーディングの動画をみた。

2016年のイヤーリーディング

もう半分過ぎたので、振り返りにもなってちょうどいい。



ドリーンさんによると
2016年はいろいろ事件や災害なども起こり、ハードな年になる。
だけど何が起こっても、心の平安を保つことが大事で
周囲に惑わされず、自分の信念をひたすら貫き行動できるのかの
最終試験の年だそうだ。

「心の平安を保つ」

ちょうど心の平安を保つことができていなかったので
ギクッとした。
周囲というのは世界、社会で起こることもそうだけれど
もっと小さく、近くにいる人、家族のことも当てはまるだろう。

私はまさに最近夫のことでもう
「人生終わった」「死ぬ、殺す」とか思うぐらい心が平和じゃなかった
ので、ああ神様に試されていたのか!とドキッとした。

危ない。エゴに負けるところだった。

今年が最後の試練の年で、ここを何とか心の平安を保って
乗り越えることができれば、人生の最高傑作ができると。

私達夫婦は、今年、
新しい場所で、初めての子育てをしながら
新しいビジネスをやり始め、すべて初めて尽くしで
まさに正念場。

今家族3人の、土台を作っている時。

夫は向精神薬を抜き、初めての「仕事」と向き合っている。

これだけ環境の変化がいっぺんに起これば
そりゃあしんどい。
不安にもなるし、投げ出したくなる時もある。

本当に、ハードな年だ。

でもこれが何年も続くわけじゃない。

ドリーンさんが受け取って伝えてくださった天からのメッセージでは
今年が正念場で、乗り越えられたら最高傑作を手に、自由に楽しく
楽に生きられるのだ。

そして、必ずできます!と。

心が軽くなった。

やっぱりオラクルカードはいい。
天使とつながっていると感じられるのは、こんなハードな時期に
心の平安を保つためには非常に有効。

産後全く天使を呼んでなかったから
エゴという悪魔に憑りつかれてしまっていた。

天使は、いつも見守ってはいるけれど
呼ばないと降りてこないそう。
助けてください。教えてください。と言わないと
助けられない天界のルールなんだそう。

呼べばすぐに来てくれる。

天使や神の声を直接聞く能力を開いていない
普通の人は、こうしたカードなどの媒体を
通せば、比較的簡単に繋がれる。

人は、放っておくとネガティブに偏ってしまう。
意識してポジティブにもっていくために
オラクルカードもひとつの素晴らしい手段となる。

私以上にネガティブで不安を持ちやすい夫は
私が教えてから私以上に日々熱心にオラクルカードを
ひき、天使に励まされている。

これがあるとないとでは、彼の精神安定度は大きく違っていると
思う。

占いのようで、占いじゃない。
カードを一度買えば占いみたいに毎回お金払わなくてもいいし
必ず、不安を取り除いて背中を押してくれる。

温かいメッセージと美しい絵柄。

おすすめです。